アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング アートペンシル 250 300

 今月は同社の傑作アートペンから派生したアートペングラフと2mm芯ホルダのアートペンシルを取り上げる。
1984年発売(leadholder.com/,国内発売年不明)1995年廃番、1000円、ドイツ製。
付属芯2B、ドロップ式、前装式、三菱ユニ芯ではストッパーを外す必要がある。
適合芯研器:同社R505 250N青差込口。
 アートペングラフと同じ首軸で、芯先を収納すれば万年筆の鞘を流用できるが、鞘自体は付属しない。

 バリアントニブに似た釣鐘型口金が首軸とつながり、プッシュボタン兼用尾栓も全体の輪郭を崩さず、尻尾の長い胴軸と相俟って古風な印象を放つ。丸軸でよく転がるのが欠点。
 130mm長芯を収めてあまりある長軸(可納芯長143mm)ながらさほど重くなく、重心がステッドラー780と同じくチャックから約62mm(軸長比35%)にあり労せず書ける。
滑り止めも効果的で同社600金属ローレットを好む私もあれに疑問をもってしまうくらいだ。
軸径は決して細くなくkoh-i-noor5208と同程度だが、画架に立てかけた画板に芯先をあてるにも障りない。
 日本製と思しき同社300に対し本品機構部品の供給元はkoh-i-noorではないかと思っているが、ファーバーカステルにも似ている。


取説ナシ、アートペンで取説が添えられたのは万年筆のみ。
箱表
Fallminenstiff・Clutch-Pencil
Porte-mines・Portaminas
箱裏説明書(独英仏西四ヶ国語のうち英文)
Clutch pencil for all 2mm pencil and colou-
red leads.The excellent weight distribution of
the long barrel provides for fatigue-free
writing and sketching.Leads can be sharpe-
ned with the rotring ArtPencil sharpener.
[rotringロゴ]
Graphic Art-Programm
rotring ArtPen,
fountain pen for calligraphy
and expressive handwriting.

rotring ArtistColor,transparent colour for
all painting techniques,especially airbrush.
アーティストカラーは混色可能な顔料インクで1993年ACPインクへ更新された。

同社カタログ1991p45説明文
重厚なブラックボディーのホルダー
滑りを止め、長時間の筆記にも疲れない波形のエルゴノミックグリップ、書きやすい低重心設計、重厚なブラックボディなど、アートペン、アートペングラフとデザイン統一されたホルダータイプのアートペンシル。スケッチやイラストの下書き、また製図にと幅広い用途にお使いください。
重厚な、というのはあくまで外見上のことらしく15g弱はその大きさに比すれば軽い。
同頁には芯研器も紹介されている。
切れ味で定評のある、ドイツの刃物。ロットリング・芯研器にも、その伝統が息づいています。細く繊細な線を実現するロットリング・芯研器には、アートペンシル用と、2mm芯で8.4mmφまでのホルダーに使用できるホルダー芯用(アートペンシル不可)の2種類が揃っています。
アートペンシル用とあるのは251 310芯研器という、DUX3250より一回り大きいサイズながら回転式蓋と芯クリーナーを備えた製品、300円。なんと製造元のダーレでは現行品、品番53484。leadholder.com/point-hadinor.htmlと同型。
 ホルダー芯用とは505 250旧型のこと。

 2mm芯505 205(硬度3B)~211(2H)は本品発売より遅れて1992年頃から輸入販売された。

関連記事→ダーレ53484
Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonボックス
  1. 2012/04/06(金) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロットリング アートペングラフ 第一回 | ホーム | ロットリング R505 250旧型>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/205-13d79df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)