アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

フルプラ ジェットオイラー No.307

フルプラ オイラー(ミシン用)【容量:35ml/ブルー】307
フルプラ油さし #307
オイラー;Amazon検索

 オイラーとは油差しのこと、機械油を入れて作動部などに油を注すためのスポイト容器。日本製。文具屋ではなくホームセンター等で売られている。
 複数の万年筆にインクを入れ、ペン先を涸らしてしまう無精者なら、ペン先を水に浸して回復させるための小瓶を机の周りに備えていることだろう。
だがそれではインクの種類が多いほどインクが混じってしまい、都度瓶中の水を換えねばならない。
 そこでオイラーからペン先に水滴をたらす方法だ。これならインクが混ざらずソネットやデュオフォールドも安心というわけだ。その際にはペーパータオル等を敷くのがいい。

 この水差しを要するくらいになったら万年筆の管理を見直すことを、またペントレイをも勧める。

 使うオイラーは新品。
ポリエチレン製容器は底部が末広がりで倒れにくくなっており、青いノズルを回して外し水補充する。35mL。ノズル長52mmとなっているが実質39mm。
ノズルとその付け根から螺旋状に伸びて先端を覆うキャップは一体成形。ちぎれることもなく単純で良い設計だ。

 使い始めて十年になるがヒビも硬化もない、といっても強く握りこまなくとも水を出せるため割れようがない。もちろん落としても割れず漏れず、蒸発による内容量目減りも見られない。
JET OILER No.307 35mL公式HPジェットオイラー 油差し|株式会社フルプラ
※2014年3月4日追記;使い始めて十年以上、気づいたらヒビができてた。画像は水を入れた状態だが、それでも漏れてない。


 当記事中のペントレイはφ17.5mm×180mm長までの万年筆を15本、モンブラン149も並べることができ、そのクリップを上に向けたままトレイを重ねられる。また重ねると固定(スタッキング)される。
 ブランドとしては丸善森林楽になるものだが、蓋無しは廃番になってしまったようだ。製造元の豊岡クラフトに万年筆店キングダムノートが別注した同型があり、他に六本、四十本、百本用がある。
  1. 2012/04/30(月) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SMZ 小文廻 鉛筆 | ホーム | ロットリング A.C.P.インク R597 434>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/207-75d541cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)