アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ファーバーカステル ミンフィクス50/65芯研器


上からファーバーカステル卵型芯研器186600
同50/65
ダーレ53482
 2mm/3.15mm両用芯研器として最小かもしれないMinfix. 真鍮削り出し、おそらく1970年代末製造、たぶん廃番、ドイツ製。
 一枚の刃で二穴式を実現し、刃が鈍ったら反転して継続使用できるよう峰にも刃を付けて材料を無駄なく活用した合理的設計に感嘆する。刃には小孔が穿たれ、反転させた際にも判別可能。
 ねじ頭の溝は幅広く1.8mm幅、同じ幅の溝がラミーサファリ天冠にも見られ、ドイツに同厚硬貨があったことがわかる。
 3.15mm芯はうまく削れるが2mm芯では芯先が砕ける。刃を外し、挿入孔を拡大して見れば、奥に切削加工跡のバリが残っていた。
真鍮削り出しは所有欲を満たすも、細部まで抜かりなく仕上げなければ芯研中に芯先が砕けるなど不具合が生じやすい。
この点、安っぽい合成樹脂成型品のほうが芯研中の芯にストレスを与えず尖るのだ。
 しかしながら、古めかしい容貌に近代合理精神を具えた本品は高級品を売りたがっている同社にふさわしい。再生産を望む。価格一千円以内で。
画像ではわかりにくいが裏面の銘は文字周辺が少し盛り上がり、打刻に見える。
 生産期間不明。1950年代には存在し、三種あったことがleadholder.com資料からわかる。
A.W. Faber-Castell German catalog 1957, page 86 | Leadholder - The Drafting Pencil Museum
  1. 2013/01/09(水) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ヤマサキデザインワークス トライアングルクリップ | ホーム | ステッドラー 513 81平型芯研器>>

コメント

ギャルギャル

dPI4i4h0
あなたは黒ギャル派?
それとも白ギャルの方がお好き?
どちらも大量に捕まりますよ(笑)
よりどりみどりです
http://29ZV8740.kxyasx.info/29ZV8740/
  1. 2013/01/31(木) 06:45:05 |
  2. URL |
  3. リバーシ #3sU19JcU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/211-5857c969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)