アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング コンパス用芯ホルダーR538 238とステッドラー製図器鉛筆部556 92



 小豆色のロットリングR538 238:S0271550は未輸入品(生産期間1989-2004年)、青いステッドラー556 92は550円(生産期間1985-2001年)。おそらくドイツ製。2mm、ドロップ式、前装式、芯径標示なし。
 共に製図ペン専用コンパス用。そのほかコンパスアダプタ/アタッチメント/リングを介して通常のコンパスとも組み合わせられる。

 ロットリングの2mm芯ホルダはコンパスに付属しないどころか輸入もされなかった。
 旧来のコンパス鉛筆部を廃した製図ペン専用コンパスに芯ホルダを取りつけるのは、その利点を損なうものとロットリングは考えたのだろう。
私も賛同する。しかし、専用コンパスに付属する.5mm芯シャーペンもまた不足しているように思われた。有用なのは.3mm芯だ(.5mm芯を斜めに接紙させて細線を引く方法は私の考えにはなかった)。
 一方ステッドラーの芯ホルダ付きコンパスはシャーペン付きより少々廉かった。
であるからして、価格がやや低い2mm芯ホルダ付きコンパスを買ってコンパス用シャーペン.3mmを買う、と結論したわけだが、2mm芯を芯研器で研ぐと0.2mm芯より細い線を引けるのだから、シャーペンが小型化されたからといって(新たな手段が提供されたからといって)旧来の2mm芯が即座に不要とされず使われ続けた理由がわからないでもない。
 現在はこれら製図ペン型芯ホルダ/シャーペンではなく、その小型化されコンパスの一部品となったシャーペンウチダ マイクロアタッチメントステッドラー956が残っている。

 ステッドラーは芯先を斜めに削って出荷している。本品はコンパスに螺合するため、平研ぎの場合、装着後に芯先の位置合わせをするか研ぎ直さなければならず、私は横着して円錐状に芯研している。
 本来の平研ぎchisel pointは細線を長く引けるよう、鉛筆の芯先を板状に削るもの。

適合芯研器:平型芯研器やDUX3250、ウチダ蓋付き芯研器
回転式では両品共に適合品なし。芯を15mm以上出せば辛うじてロットリングR505 250N青差込口でステッドラーを、差込口を外してロットリングを削れる。
ここでは、芯研器に合う別の芯ホルダで芯研し、芯を本品に移している。
右)鉛筆インサートR538 208
2mm芯用、ねじ留めtwist lock clutch。左のシャーペン538 23*以前はこれが専用コンパス付属品。単品売り価格1000円。
右下の小豆色の輪はねじ回し539 130。おもしろいことに片面に現rotringロゴ、もう片面には旧ロゴをあしらっている。
ロットリングのほうはイギリスにまだ在庫があるようだ。→Compass Accessories : Rotring Pens
Amazon.deでは芯径0.2mmになっているが何かの間違いだろう。→Zirkel-Bleieinsatz Fallmine 0,2mm:Amazon.de:Burobedarf & Schreibwaren

二品の生産期間はニューウェルラバーメイド、ステッドラー両社から教えていただいた。多謝。
関連記事
ロットリングコンパス用シャーペン
ステッドラーコンパス用シャーペン
ロットリングコンパス
製図ペン専用マスターボウコンパスRT-531 147
ドロップコンパスRP-532 116, RS-530 122
ビームコンパスRT-531 100
ステッドラー742 70 万能コンパスリング
  1. 2012/06/24(日) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロットリング コンパスカッター R538 230 | ホーム | ステッドラー 製図器シャープ部556 93>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/220-4422aff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)