アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング コンパスカッター R538 230


 今月もコンパスアクセサリ。来月には売上が良さそうなボールペンを紹介しよう。

 コンパスの穂先に取り付けられるものは筆記具のほか、紙を切り取るカッターアタッチメントがある。独名Messereinsatz;英名Cutter insert。発売年不詳、たぶんドイツ製。
φ4mm穂替式コンパス/製図ペン専用コンパス共用。
 カッター直上から力をかけて切るということが本品では行いにくく、数度なぞる必要がある。
たぶんオルファやntのサークルカッターのほうが使い勝手が良いと思うのだが、刃厚はこちらが薄い。

 取付ねじは製図ペンのそれと同じくφ10.15mm。コンパスのほかイソグラフ等の胴軸に取り付けられ、手持ちカッターにもなる。ねじ部から刃先までの長さが製図ペンより0.5mm短く、刃を覆う鞘が無いので注意。
 刃先が尾鰭のような形をし、コンパス回転方向に沿って回る。
刃が回るように調整ねじaを緩めておく。
ねじは二連になっており、ねじbも緩めるとねじaを緩めた位置で押さえる。
 刃先が回転方向に沿うといってもコンパスを反転させると引っかかる。一方向に回すのがいいようだ。

 画像左の製図ペン専用コンパスと本品は螺合するため、刃先があらぬ方を向くことがあり、刃を回して向きを合わせる。これのために刃を固定しない設計にしたのだろう。
コンパス芯ホルダの平研ぎされた芯先に似た事情。

刃交換:刃をねじaとともに外し、その先端がねじの口金に当たらぬよう、後ろへ傾けて引き抜く。ねじだけが外れる場合もやはり傾けて外す。
替刃をねじaに入れ、支持部に取り付ける。替刃R538 201は2本入り。
 これが2mm芯を把持できたらもっと応用が利いたのだが、なんとかならなかったものか。
 HAFFのコンパスカッター。ロットリングにもほぼ同型のR538 200(5本組)がある。
 コンパス回転方向を反転させても刃先が引っかからない。反面、刃先が自由回転しないため位置決めを慎重に行わなければならない。
 2mm芯の代わりに取り付け、穂替え接続径に左右されることなくコンパスの大小にも関わりなく取付可能で、小円を切り取るにはこちらのほうが扱いやすい。芯ホルダのチャックにも挟める。
小円には穴開けポンチも良い。

資料同社'95-'96カタログp27
コンパス用カッター
コンパス用カッター(538 230)は、大型コンパスならどのタイプ
にも直接セットできます。コンパス用カッターの刃先は自由に回
転できるように調整ネジを少しゆるめてください。そして力を入
れ過ぎないように軽く円を描いてください。


コンパスカッター:Amazon検索
  1. 2012/07/12(木) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ステッドラー 継足棒 556 80SKと556 80TSK | ホーム | ロットリング コンパス用芯ホルダーR538 238とステッドラー製図器鉛筆部556 92>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/221-997c7289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)