アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

カランダッシュ エクリドール 890


CARAN d'ACHE Ecridor:Amazon検索
    高級筆記具を定義しよう。
  1. ステイタスがある。
    貴族文化や社会階級がある/あった文化圏に限らず、競争と対立あるところ社会的地位が求められる。農民の自治圏だったという伝説を持つスイスでもそのことが理解されている。
  2. 高価である。
    市場主義が世界を支配する以前から金額の多寡を社会的地位の判断材料とする。価格基準が社会階層によって変動するも、一万円(現行は一万五千円)なら納得される。
  3. 装飾されている。
    高価であることの理由として装飾が施され、同時に文化性を表そうとする。装飾は手間と技術を要したことを示し、その成果であることを示す。
    表面仕上げに925銀が鍍金され、その銀色は年齢と性別を超えて普遍的な上品さを表し、契約を交わす際にも映えるだろう。
  4. 筆記具である。
    これは前掲の特徴を具えたノック式油性ボールペンである。
    およそノック式を避ける高級品にあって、カランダッシュは上級品のヘクサゴナルやRNX.316(同社ではエクリドールですら二級品だ)にもそれを採用している。
  1. 堅牢である。
    ノック機構がノックボタン内に集約され、ペン軸には継ぎ目なく軋まない。
    高級品は長持ちする結果コストが低くなるのだと主張される。しかし高級神話を大衆に刷り込むことにその能力を傾注し高級品質を疎かにしては使用者に不利を招き長期的視野を失い、その場合には何かにつけ「高い」ことが負債となる。
     してエクリドールはどうか。私はこれを常用しておらずその耐久性に直接言及できないが、本品と同構造のアルミ製849に不都合ない。
 また替芯は書き味良く、書き出し擦れが無いといってよく、筆記距離が8000mあり、芯先のがたつきも感じられない。
文具評論家などと名乗り始めたことと低粘度油性による新製品登場とで、使用機会がめっきり減ってしまったが、今も快適に書き出せる。
  1. 2012/08/06(月) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カランダッシュ エクリドール レトロ0890-480 | ホーム | ステッドラー マルステクニコ555>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/224-d7367038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)