アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

カランダッシュ エクリドール レトロ0890-480


CARAN d'ACHE Ecridor:Amazon検索
 エクリドールは原型が1947年に完成し、1953年から一般発売され、1997年頃に50周年を記念し初期型を再現した"レトロ"が発売された。スイス製。
 前回触れたとおりこれは高級筆記具。同社は日本でそこそこ知られたブランドだが、それより有名で信頼されるスイス製というブランドを有している。1950年代当時、ボールペンのペン先を安定して製造できる工場が少なく、時計産業を擁するスイスの加工技術が同社に貢献したという。

・全長がやや短く5インチ。シャツのポケットは大きさが大体決まっており、深さが5インチ。よってポケットへの収まりがよい。
・軸材は真鍮。長らく放置したため熱変色した鉄のように黒ずんでいるが925銀鍍金。その厚さは一般的な4μm厚に対し10μmあり、現行品はさらにロジウムを鍍金して変色を防いでいる。
・エクリドールには多様な仕上げがあり、レトロは比較的単純な菱目模様を彫金している。クリップ対面にはイニシャル刻印のための平面を設ける。
・ペン軸に継ぎ目無く部品数が少ない結果、簡潔で堅牢、そして装飾できる面積が分断されず破綻しない。例えばエクリドール"ローテーション"は一体軸を活用した意匠だ。
・1950年代の型と仏語刻印を復元した短いクリップは、メットウッド等バリアスコレクションやエクリドールXSにも採用され、のちには他のエクリドールも長いクリップからこれへ変わった。現行は刻印を省いている。
クリップには四ヶ所の足場があり、胴軸にロウ付けされていると思われる。
・1999年頃からノックボタン上面にCdAモノグラムが刻印され赤く着色(後年省略)、外周の社名刻印も装飾的になった。
・ノックストローク約8mm、ノック負荷約430g。作動に引っかかりなくボタン断面積が大きいため軽く感じられる。
・ノック機構は、多数に見られる回転鋸歯カムの噛み合わせではなく、ノックボタン内にハート状カムを利用したノック機構を組み込んでいると考えられ、作動音が小さくその感触に抵抗感がない。ノックするとボタンも前進位置に留まる。
ハート状カム(ト音記号状の溝と呼んだほうが相応しい)はヴィスコンティメトロポリスやラミー ノト、トンボ エアプレスエプロに採用されている。
◆替芯ゴリアット(φ6.75mm×96、ペン先径2.55mm、iso及びJIS油性G2型派生品)、インク4色、F,M,B,いずれも筆記距離8000m(以前は10,000mだったが品質基準が変わったらしい)、炭化タングステン鋼ボール。1970年発売、スイス製。
 書き出し擦れは僅少、書き味良好、日本の平均的油性ボールペンと同等かそれ以上。耐水メモのときの経験から低温にも耐える。
価格と書き味が吊り合わぬと囁かれる舶来品にあって例外、と言いたいところだが、この替芯はパイロット クーペより高価くやはり例外ではない。
 1990年代製ゴリアットを使わずにいると五年後にはインクが涸れるため本品付属芯は交換することとなった。2000年代以降改善されたが、代わりに耐アルコール性を失った。
署名用としても有用であるものの改竄に注意するなら他社芯に換えることを薦める。これは独自規格に見えてパーカー型で代用可能なのだ。

 緑インクを販売している欧米企業は珍しくないが対日輸出しているところは希少、敬意を表して4色取り寄せ、加えて代用芯を6種揃えた。

各紙片左一・二列めから1980年代、90年代、2000年代以降。
各紙片一・二行めからカランダッシュ、イノックスクロム、パーカー(80年代はTボール、00年代はクインクフロー)、ペリカン337、フィッシャーPR、プラチナ万年筆BSP-400、ohto PS-207NP。
フィッシャー、プラチナ、ohtoは一行に並べた。

・1980年代のゴリアットやパーカー製は今なお書けるうえ耐アルコール性も具える。昔のパーカー替芯は本当に優秀。
・エクリドールにはパーカー型を無加工で組み込めるが廉価版849では小改造が必要(イノックスクロム製除く)。・フィッシャーはインクが残り少ないのか書き出しでボテた。
・プラチナBSP-400がクインクフローに迫る書き味で感嘆する。但し尾端部品がパーカー純正ノック機構に合わない欠点がある。

 品名GOLIATHは、輸入代理店が日本デスコ時代の付属取説ではゴリアス・カートリッジと記され、カランダッシュジャパン設立1999年以降はゴリアットが定着した。

 初期レトロは缶入り、製品自体はビニールに封入される。由来を記した小冊子の日本語ページは左右が逆。

 本品は廉価版849より製造公差が厳しいと見え、口金と芯先のガタツキが感じられない。普及率高い替芯を利用できる堅牢な胴軸は長い海外赴任にも応じられるに違いない。

資料;1999年に店頭配布された小冊子。初出は徳間書店のグッズプレス。


カランダッシュ ボールペン替芯ゴリアットカートリッジ黒F
カランダッシュ ゴリアットカートリッジ赤F
カランダッシュ ゴリアットカートリッジ青B
カランダッシュ ゴリアット緑M
CARAN d'ACHE Goliath:Amazon検索
  1. 2012/08/06(月) 18:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トンボ鉛筆 リポーター4スマート BC-FRL | ホーム | カランダッシュ エクリドール 890>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/225-1fc8c6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)