アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ぺんてる タフCB5, CB6

 N. J. コンテ以来、鉛筆芯は黒鉛と粘土を混ぜ陶器よろしく焼き上げて強度を増していたが、シャープペンシル用細芯にはそれでも強度が不足しており、現在我々が太芯と認識する0.9mm(.036インチ)芯を、その昔アメリカ人がreal thin-leadと呼んでいたくらい、黒鉛芯を細くするのが難しかった。
 大日本文具(現ぺんてる)は粘土に代えて合成樹脂を混ぜたポリマー芯によりシャープペンシル用細芯を1960年実用化(→ぺんてるライブラリー2003年12月)、この改良コンテ法を用いた鉛筆が同社の言うカーボングラファイト鉛筆であり、ブラックポリマー999 CB100を最初の製品として1986年に、折しもバブル経済期が始まる年に鉛筆産業へ参入した。
 その十年後果敢に発売された廉価版が本品である。既に少子化が進行して鉛筆需要が落ち、発売翌年には消費税増税され、国内シェアが低い同社が海外へ売り出そうにもアジア通貨危機が起き、そして押し寄せる電子化の波が止むこともなかった。
※ちなみに、アジア通貨危機の翌年1998年は墨芯鉛筆輸出率が最も伸びて20%台に、輸出額が前年の二倍になった年だった(1975年以後)。
一方、平均単価は前年の四割660円/グロスへ落ち、2000年まで一千円を下回った。1975年以降一千円以下はその三年間のみ(2008年以降輸出量単位がグロスからなんと重量単位kgへ変わったため、同年以降の輸出率は推定)。
2001年には平均単価が回復、輸出率も10%以下へ戻る。
 同社が時代を見誤ったのか市場が正しく評価できなかったのか、全く不運な鉛筆で、その優れた性能に気づいた者も少数だった。現在同社は残念ながら鉛筆産業から撤退している。

 普及価格のポリマー(樹脂)芯鉛筆。おそらく日本製、廃番。
両切り50円のCB5と、封蝋した60円のCB6があり、YesペンシルECB5、タフペンシルあかCB6RDなどに派生した。
同名シャーペンXQEを検索した来訪者は同名ブログhttp://nanos.jp/schzkr/blog/1/137/を参照されたい。

生産期間:1996 - 2002
φ7.8mm×176, 約4.5g
芯硬度2H-2B(Fなし)、芯径2.3mm/B
TUFF CB5
1ダース600円税別、両切り
銘は二面、銀文字
表銘;[Pentelロゴ] [TUFFロゴ] PENCIL [硬度表示]
裏銘;[バーコード] HI-QUALITY CB5 JAPAN [JISマーク][硬度表示]
TUFF CB6
1ダース720円税別、封蝋あり
銘は二面、金文字
表銘;[Pentelロゴ] [TUFFロゴ] PENCIL[硬度表示]
裏銘;[バーコード] HI-QUALITY CB6 JAPAN [JISマーク] [硬度表示]
JISマークは1998年以後廃止。共にダースは15cm定規となまえシールつき、紙箱入り。


ダース箱記載文
Carbon Graphite
●シャープ芯が鉛筆になった
カーボングラファイト鉛筆【タフペンシル】3大特長
1.強い 2.定着性抜群 3.経済性抜群
タフペンシルはオングストロームポア製法により均一で粒径も細かくなめらか、超緻密構造です。
※芯の減りが少ないので削る回数も少なくてすみます。
箱裏のレーダーチャートによれば、芯強度、書き減りにくさともに粘土芯の二倍。CB6の箱は金色。

3本組XCB6-HB3
Pentelのタフペンシルはシャープ芯と同様のハイポリマー製法の芯を使った高級鉛筆です。
3大特長
①強い!
②優れた経済性!
③定着が良い!

測定方法
①曲げ強さはJISに基づく折損強度器で測定。
②摩耗長さは一定荷重筆記で1m筆記の芯の減り具合を測定。
③汚れ度は筆記した部分の濃度と、そこにセロハンテープを貼ってはがした跡の濃度を測定し差が少ないほど良い。
★芯の濃度は同一です。
ご注意●筆記以外には使用しないでください。

 軸色はキリンACE50より少し彩度ある紺色で、塗り分けもない。木質はよくもなく悪くもなく、日本鉛筆としてふつう。
 芯はCB5、CB6でおそらく共通。CB6芯のほうが良質に感じられるが気のせいだろう。
 その書き味は粒状感少なくなめらか、脂ぶんも少なく、それでいて色が濃い。世界最高水準である三菱ユニやトンボモノを上回るなめらかな書き味を50~60円で提供するこれは強力な競合品だったはずだが、しかしその評判を聞くことは少なく、私自身この記事を書くにあたって積極的に使い、その書き味を「発見」したくらいであった。
 反面、芯密度の高さが欠点となることもあり、平滑な紙面では粘るような感触をもたらす。
 消しゴムで消す際、粘土芯とポリマー芯では後者が消し易い。配合された合成樹脂も炭素から成るため、炭素分子を吸着する塩ビ消しゴムで消しやすいのだという。
 本品も消しゴムで消しやすいと予想したが粘土芯と差はなかった。塩ビでも非塩ビでも。

第1行は1回書いて消し、第5行はそれを5回繰り返した。
マニアから蛇蝎の如く嫌われる非塩ビ消しゴムのなかにも特質を顕す品があり、例えばシードケスゴムEP-MJ-KやトンボモノNPでは、軟芯の筆跡を消しても紙上の黒鉛を延ばさず紙面を汚さない。

 硬度Bのタフとブラックポリマー999をKUM202で削り、ミドリMDノートA6、5mm方眼1ページに468文字、同内容の文を手で書いたところ、芯の減りは画像の通りであった。
a)三菱 局用鉛筆2号/B, ロット番号147B, 約2mm書き減った
b)同9800/B, 07BC311, JISナシ、約2mm減
c)同ユニP/HB, 033C, 約1.4mm減
d)同ユニスター/HB, 3EC370, 約1.5mm減
e)本品CB6/B, W7A, 約1.3mm減
f)ぺんてるブラックポリマー999/B, 3C, JISナシ、約1.5mm減

g)タフCB5/B, 0b, JISナシ、約1.4mm減
h)タフCB6/HB, W7A, JISつき、約1.4mm減
i)ブラックポリマー999/HB, 7L, JISナシ、約1.2mm減
j)ブラックポリマー999/HB, W94F, JISつき、約1.1mm減
hの芯の減りが大きく、またiとjで少なすぎる。筆記を続けて腕が疲れていたかと思い、順番を逆に再試行したが殆ど変わらなかった。
 タフとブラックポリマー999はJISマークの有無で芯質が違う。JISナシ1998年以後は芯径が細くなって多孔質になり、そして少し書き減り易くなり、書き味もなめらかさが少々落ちた。
但し硬度H系ではJISつきでも多孔質な芯だった。
k)タフCB6/H, JISつき
l)ブラックポリマー999/H, JISナシ
 今回のタフHBはJISナシ999HBより減った。タフと999は芯が共通つまりタフは値下げされた999と思いもしたのだが、異なるようだ。
 余談だがブラックポリマー999の代用なら、芯硬度を二段階落としたカランダッシュ テクノグラフ777を推す。

生産期間等ぺんてるに教えていただいた。多謝。

関連記事
アイボール鉛筆OLENマークシート鉛筆

Amazonマーケットプレイスではタフ赤がグロス売りされている。しかしこれを注文する個人はいないと思う。
ぺんてる あかえんぴつ[TUFF PENCIL]CB6RD 1グロス
  1. 2013/12/30(月) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北星鉛筆 かきかた三角鉛筆 | ホーム | 三菱鉛筆 ユニポピュラー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/227-79cb9cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)