アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

パイロット BRFN-10レフィル第二回

パイロットBRFN-10:Amazon.co.jp

 パイロットの中級油性ボールペン用替芯。→BRFN-10第一回
2011年4月ころAインキを特長とする本品がアクロボール用アクロインキへと変更された。運筆軽いながらやや抵抗あるAインキが好感触だったのに嘆かわしいことである。

 アクロボールの書き味がいいのは最初のうちだけで、製造から年月を経ると溶剤が揮発するのか旧来の油性インクへ近づく。三菱ジェットストリームにはそんな劣化は認められない。
しかしそれも改良されたらしく多色アクロボール(2010年10月発売)からその傾向が見られなくなった。Aインキの技術を応用したのであろう。
 改良後のアクロインキはAインキに似た書き味だが僅かに堅く、トンボSMARTインクに似ている

 おそらく日本製。
個包装は右から左へ新しく。油性A-ink表示が油性インキ表示へ変更され判別可能。
紙箱にはAインキ表示のみ、特長など記載なし。パイロットはもう少しAインキ売り込みに労力を割いてもよかったのではないか。

青赤除き、逆流防止剤とインクとの境が茶色いのが旧Aインキ、青いのが新アクロインキ。
※追加;ペン先を封じる樹脂玉が透明ならA-ink、青ならアクロインキ。

初期は替芯の「首」にEND>刻印が無い。新旧ともに字幅F(0.7mm)/筆記距離1200m。ともに修正テープへのインク滲出は認められない。改竄耐性と黒インクの濃さは旧がやや優れる。

 φ6mm×86.8、ペン先径2.3mmという替芯形状は、いまやパイロットのほかに採用する者が少ないJIS水性B型(φ6×87、ペン先径2.3mm)に近い。
この型は、同社の油性芯Bシン20(現BRF-20)と同長の水性芯LNシン25に合わせて規格化された(デファクトをデジュールへ反映させた)んじゃないかと推測している。
 BRFN-10及びその上級品BRFN-30とその原型BRF-20はモンブランに転用できるほかラミーに転用できることが知られている。但しラミーに転用した場合、口金内径がゆるくなるため、転用するならゼブラ製替芯(ペン先径2.25mm)がよい。
 評論家と名乗る以上、自分の好みばかり語るわけにもいかないが、高い評価を得るものと私の好みは往々にして異なり、重くぬめるモンブラン芯の書き味がそんなに悪くはないと感じている。ただ多数の好みに合っていないのだろう。
 純正品はクーペBCP-1SR(第一回第二回)等多数ある。

 改造するくらいなら純正品でいいと思うが、日本製がいかに優れ高級筆記具の定義を満たそうとも、その起源が欧米にあり、日本の近代化が欧化を意味する以上、日本製高級筆記具の由緒が揺らぎ、嘆息され敬遠される。
そこで替芯換装が求められる。
 品質は技術文明に依拠する。而して高級感なるものの正体はなんなのか。
パイロットがモンブランと同程度の歴史を有し、由緒ある蒔絵を万年筆に施して、ときたまダンヒルの下請けを受注したことがあったとしてもだ。
これは異文化への憧憬と敬意でもあるから、愛国者を名乗る人々は騒がなくてよろしい。
 由緒、文化に対置されるのが機能や技術すなわち文明であり、それだけが日本製に求められているのだとすれば、高級筆記具にはなりえない。これは繰り返される歴史であり、文化を気にせず文明に重きを置くモダンデザインに類似を見出せる。
※読み返したらなにこれって感じだったので改めた、というより草稿の文章へ戻した。左が発表時、右が草稿。毎度々々くどくどしくなるから端折ったんだと思う。そのうち統合する。2013年1月12日
※なぜ端折ったのか、その理由を昨晩「へうげもの」で古田織部のゲヒた顔をみたあとに思い出した。
この記事で取り上げたのが替芯であることからもわかるように、日本製に機能のみを求めるのは私も同様である。にもかかわらずそれを他人事として批判するが如き文章に自己欺瞞を感じたためであった。
このブログでも別ブログでも、替芯互換や改造で検索されること多く、私はそれに呆れもするのたが、その呆れに対してお前がいうなとひとりツッコミする気持ち、それこそが(以下略)2013年1月14日

参照リンク;A-ink関連特許と考えられる。
http://www.j-tokkyo.com/2005/B43K/JP2005-007774.shtml
図版の替芯がBRF-10/20
http://www.j-tokkyo.com/2008/B43K/JP2008-114377.shtml

※2012年8月18日に公開したのに2011年12月18日付公開になっていたため修正した。
  1. 2012/08/18(土) 22:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<モレスキン パノラマダイアリー/プランナー2012 | ホーム | トンボ鉛筆 リポーター4スマート BC-FRL>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/228-8d2e3de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【パイロット BRFN-10レ】

 パイロットの中級油性ボールペン用替芯。→第一回2011年ころAインキを特長とする本品がアクロボール用ア
  1. 2012/11/13(火) 21:59:16 |
  2. まっとめBLOG速報