アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ライオン事務器 ギャザ(プロ用) 半砂


左から
a)月光荘消しゴム
b)スタビロ1190/30
c)トンボ モノスマート
d)ラビット510
e)ライオンGAZA半砂
f)トンボ510A
それぞれ∪:粘土芯(三菱ハイユニHB)、◇:ポリマー芯(同ナノダイヤ0.9HB)。紙:コクヨキャンパス
 今月は薄い消しゴムを五点紹介する。

 旧品番ER-510R, 天然ゴム製、田口ゴム工業製、日本製、廃番。70円税別。生産期間不明、おそらくGAZA 1Kと同時に廃番。
 このくさび型半砂消しゴムは各社で510型と呼びならわされている。開化期の日本に輸入された同型消しゴムが偶然にも510の品番を与えられていたため一般化したと思われるも不詳。

 くさびはラビット510より鋭角。厚さ7.7mm(公称7.5mm)はノートの6mm罫や7mm罫より若干幅広だが、一行消しに向くのが長所。

 古い天然ゴムのため表面が硬化しており、使い始めは字を消せない。消したときの感触にはギャザ1Kに通ずる細やかさがあり、消しゴム生地そのものが良質であると感じたが、やはり素材が異なり消し滓は粉のように細かく、消字力もあれほどではなかった。
この差は、あちらに配合された菜種油が本品に無いためと思われる。
 ギャザ1Kに配合された菜種油は、たんに消し心地を向上させるためだけではなく黒鉛吸着剤として、塩ビ消しゴムにおけるフタル酸エステル類と同じ役割を担うものとしてではないか。
 ギャザの紙巻きは、天然ゴムが緑、塩ビが水色に分けられているが、本品は天然ゴム系でありながら水色。

資料;ライオン事務器カタログ1998p963
  1. 2013/03/08(金) 06:00:00|
  2. ┗消しゴムEraser
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トンボ鉛筆 モノ510A ES-510A | ホーム | 東京金属工業 プッチンクリップPC-8S>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/232-c680306b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)