アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ステッドラー マルス500


 2mm芯用回転式卓上芯研器、2000年?廃番、ドイツ製、2,200円。別売り芯クリーナー500RS, 5コ150円。
 基本構造はいわゆるバケツ型502と変わらず、斜めに差し込まれた2mm芯が回転によって内部のやすりに削られるもの。ただ大きいだけである。

灰(φ9.7),黒(φ8.7),緑(φ8.2),青(φ7.9)の四種の差込口とクランプが付属し、バケツ型502との違いと利点は、その交換できる差込口により適応芯ホルダの幅が広いこと。
これには同社925 25-20も入り、差込口を外せばなんとkoh-I-noor5208も入る。ロットリングアートペンシルはうまく合わずちょっと残念。
一方、青い差込口は狭すぎて鉛筆くらいしか入らない。
差込口は本体底に収納可能。
 差込口交換法はアルヴァンとロットリングの新型バケツR505 250Nにも採用されているが、あちらはステッドラー925 25が合わない。軸径ではなく差込口奥のすりばち形状と925 25の口金形状が合わないため。

 この製品、成形バリが多く、回転部内奥の芯差込孔にもバリがあって芯先が引っかかることがある。それ以外は優秀、よく削れる。
  1. 2007/10/30(火) 15:32:09|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トンボ鉛筆 XPA | ホーム | オート スーパープロメカ PM-1503S, PM-1507S>>

コメント

これ近くの文房具屋で800円で売ってました。
  1. 2013/08/21(水) 18:40:18 |
  2. URL |
  3. コーキ #-
  4. [ 編集]

800円だなんていい価格。
  1. 2013/08/21(水) 19:39:56 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/25-cf4a6ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)