アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

パイロット ホワイトライングリップ ECTE-20G


 先月の小型使い捨て修正テープに引き続き、今月は少々変わった修正テープを三点紹介。8の倍数が更新日。

A)パイロット ホワイトライングリップECTE-20G
B)ぺんてるカチットZTC405
C)トンボ モノ2ウェイCT-PEX

上左画像、1mmだけ転写。いずれも転写開始位置を視認しやすく、透明な転写ヘッドを持つホワイトライングリップが最も見やすい。カチットは作動が重い。

 下画像は8月に被覆して1ヶ月後のもの。
夏や梅雨時つまりこの時期に、低粘度油性ボールペンインクが修正テープに滲み出しやすいが、1ヶ月しか経ってないため参考にならんうえ先月と比較しづらい形式で申し訳ない。
三菱ジェットストリーム耐性は、どれも赤が滲出しやすく不完全、いや完全ではないが耐性が見られる。
上からジェットストリーム、パイロット アクロボール、ぺんてるビクーニャ、ゼブラ スラリ、トンボ リポータースマート。
紙はオキナ プロジェクトミニM PMM。


上は先月と同形式、2012年4月末と8月末に被覆。
a)ゼブラ ケスティア
b)プラス ホワイパープチ
c)トンボ モノCC
A)本品
e)コクヨ ケシピタミニ
f)トンボ モノYX旧(10m巻)
f')モノYX新(12m巻)
B)カチット
C)モノ2ウェイ
i)プラス ホワイパーフレックスWH-025

 先月の五品ほどではないが小振りな携帯用修正テープ。ポケットにも筆入れにも収められる。
マレーシア製。初期はベトナム製。プーリ伝動。使い捨て。エコマークつき、グリーン購入法適合品。
テープ長10m, テープ幅/識別色:4.2mm/青、5mm/緑、6mm/ピンク。

●転写ヘッド
首振り。半透明で見やすい。
・転写開始位置決め:良好
・重ねた紙への転写しやすさ:良好
・転写ヘッド強度:良好

●キャップ
ラメ入り。嵌合式、後着可。適度に大きく、紛失しにくい。
片手で開けられる。閉めるときにはクリップを左右どちらに向けても迷わずに閉められる。

 修正テープにもノック式があって、それらに較べ即応性が低い。反面、ポケットに入れて携えてもテープに埃が付かない。

●テープ
小さな製品が殆ど6m巻なのに対して本品は10mある。
・テープのたるみ:なし、但し転写ヘッドからテープがずれやすい
・再筆記性:油性では良好、極細ゲルでは削られることがある
・ジェットストリームSXR耐性:赤が滲出する
・被覆力:良好

●操作性
小さすぎず程よい大きさ。厚さ15mm弱、ポケットとメモ帳の隙間になんとか入る。
クリップ基部から上が短く、フラップつきポケットに収めやすい。
ポケットに収めると……
1)プラス ホワイパーラッシュWH-065
2)同ホワイパーパルWH-035
3)本品
4)三菱ホワイティアCLT-205

 修正テープにキャップとクリップがついて喜ぶのはこれを携帯しようとする人々だ。たぶん少数派の彼ら彼女らには、私も含まれる。
 使い捨てなのが気に入らないが、テープ長を10mにしてこの小ささにまとめるには使い捨てが適していたんだろう。

このシャツはウエストを絞っていない。サイズラベルの数字は首周り。
  1. 2013/08/08(木) 06:00:00|
  2. ┗修正具Correction instruments
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぺんてる カチットXZTC406 | ホーム | コクヨ ケシピタミニTW-275>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/256-99852f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)