アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

日本能率協会 王様のブランチ×ペイジェムA6ウィークリー2 2233


 手帳の季節。2013年こそ高橋書店リシェル5にする予定だったが、書店で先に見つけたこれになった。B6とA6、週間レフト式とヴァーティカルがあり、ともに後者を選んだのだが、たいして書きこんでいない。

A6判106mm×148×10(カバー付録除く)、p224, 糸かがり綴じ、見開き一週間、土日均等ヴァーティカル8時 - 21時(6.5mm罫)、前年12月始まり13ヶ月間。
しおりひも2本、PVCカバーつき、ペン差し径約9.3mm、カードポケット×1。
付録;スペシャルリストブック(連絡先リスト、簡易家計簿、メモ帳3.5mm方眼)、スケジュールシール、インデックス(タブ)強化シール、都市圏鉄道網図つき。日本製。
スケジュールシールは2014年版つまり2013年発売ぶんから書き込める素材に変わったそうだ。

 ページを開きやすく紙質に優れ書き味良くパイロット万年筆用ブルーブラックインクで裏ぬけせず。三菱ジェットストリームでも滲み等無く。

 各月ごと月初に月間ブロックカレンダー、月末に5.65mm横罫メモ2ページあり。月初に予定を立てて月末に見返す構成で、月締めの生活に適す。月間手帳から週間手帳へ移行するにもよいかもしれない。
 これと対照的にクオヴァディスやモレスキンウィークリは月間ブロックを巻頭にまとめ、一年を52週として切れ目なく連ねている。
 折り丁が各月ごとに分けられ、その気になれば分冊可能。
 しおりひも2本に加え、色違い段違いインデックスがあり検索性が高く、色違いは見た目にも良い。
しかしこの段違いインデックスが私には合わなかった。
インデックス保護のためカバーが出っ張って小口を覆っているため、左手でページの端を押さえづらく、指がページ端に届かず空振りすることがある。
そのためにしおりひもが2本あるのだが、私には段違いインデックスより爪かけが合うようだ。

 鞄に入れるのに適しているものの、ポケットに入れるには少し大きく、手帳を携えることがほとんどなかった。今も殆ど汚れていない状態である。

 昨秋にモレスキンパノラマも継続して入手するはずが結局買わずじまいであった。
 それとは別に県民手帳を手にする機会を得た。県民手帳は週間手帳で月間カレンダーを巻頭に一括掲載している。
 その週間ホリゾンタル/レフト式手帳とモレスキンパノラマを眺め較べて、この二種を組み合わせることを思いつく。
ホリゾンタルを横置きにして罫をヴァーティカルにすれば、土日均等かつメモ欄つきとなるではないか。どこか製品化してくれ。既出だったら教えてくれ。

 機能的に不足なく、モレスキンより充足している。
それでも2014年は再びモレスキンパノラマに戻りそうなのだが、土日均等ではないのがやはり不便で、評判良いハイタイド ミニットマネージャにしようかしらんと思ったり、ニーモシネダイアリーMND101-4があのコクヨ測量野帳ダイアリー2011ニ-Y2-11と同形式でたいへん興味があったり。
 着せ替え表紙(表裏両用)つき。明らかに女性向けでヘルスチェックカレンダーが巻末にある。

 タイアップしている「王様のブランチ」というTV番組については、奥付と帯にそのことが記されているくらいで他の部分にはない。→王様のブランチ - Wikipedia
TV番組等に関するWikipedia日本語版の詳細度は異常。そりゃ誰でも参照しますわ。
 その帯を不注意で破ってしまったため、一枚めの画像がああなってる。

下画像、左から
高橋書店リシェル5 2013、本品2013、ニーモシネダイアリー2014、ハイタイド ミニットマネージャ2014。
本品とリシェル5はよく似ており、月間ブロックが月ごとに分散掲載。月末メモページは無い。段違いインデックスは灰色の濃淡で分けられている。

  1. 2013/09/15(日) 06:00:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マルマン ニーモシネダイアリーウィークリー2014 MND101-4 | ホーム | トンボ鉛筆 モノ2ウェイCT-PEX5>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/259-6657f3af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)