アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

クム オートマティックロングポイント AS2M第二回

 青いオートマティックロングポイントには2mm/3.15mm芯研器が付属している。
・白孔、適合芯径2.3mm、研削角度約21°
・赤孔、適合芯径3.3mm、研削角度約26°

 芯を13mm以上出して削り、よく削れる。
 11.7mm長×6.5幅×0.75厚刃、同社が各社にOEM生産している卵形芯研器と同じ刃。鉛筆削り用は替刃が二枚付くが、芯研器用の替刃は付属しない。

 KUMオートマティックロングポイントには青AS2Mと赤AS2があり、後者には芯研器が無い。
00年代半ば、店頭でよく見かけたのは赤だったが、芯ホルダ使いである私は芯研器付きを求めて結局通販で青を入手した。
今思うに赤で十分だった。そして今は赤がどこも在庫切れなのだった。
 23Aは芯研器のみ。これもオートマティックだそうだ。
  1. 2013/10/20(日) 18:00:05|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クム 202-24 アイス | ホーム | クム オートマティックロングポイント AS2M第一回>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/266-73044af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)