アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

クム 202-24 アイス

 各通販サイトのカスタマーレヴューを読むと、鉛筆を鋭く削りたい欲求が少なからずあるようで、それを検索する人々のために今月20日や次回と併せてこの記事を用意しておこう。

 鉛筆削り会社KUMは、標準的なS刃(24mm長、N刃)より5mm長いL刃(29mm長)を用いて鉛筆を鋭角すなわちロングポイントに削る製品を発売しており、ステノグラフ(速記)とも呼ばれる。
 このL刃はDUX 4422L(現行品はN刃用)の代用替刃になると思うが未確認。誰か4422Lを持っていたら試してみてくれ。と思ったらできないそうだ。→DUX ダイヤル式(4322N、4422L、5412L) 鉛筆削りブームブーム - Yahoo!ブログ
 PS樹脂製とマグネシウム合金製400-5Lがあり、今回は合成樹脂製。替刃つき、色違い4色あり。ドイツ製。


・適合軸径8.2mm、切削角度約19°/とんがり係数約1
 刃の削れ味は重いが仕上がりよく、切削面がNJK#516並みに平滑。
 但し、芯先がφ0.3mm前後まで細くなるとそれ以上削るのが難しくなる(下左画像)。付属替刃に替えても同じ結果だった。
どれだけ鋭利に尖らせても、紙面にあてただけで芯先が砕けてしまうなら、円錐頂点を削り出しても無意味だ。だから実用上問題ないと擁護しよう。
 なお、十本以上削ったら使い慣れたのか頂点を削り出せるようになった(下右画像)。

 確実に頂点を削り出せる鋭角鉛筆削りなら同社オートマティックAS2Mを薦めるし、トンボKSA-121も本品よりは尖らせやすい。
また、たんに鋭く尖らせたいなら、鉛筆ではなく2mm芯ホルダと回転式芯研器を組み合わせたほうが何かと手っ取り早いことを重ねて主張する。
 カランダッシュ777硬度B及び2Bを削ると、7本中1本が、削り終える手前で何度も芯が折れた。また本品前方が塞がれており、折れた芯を排出しづらい。
 折れずに削れるCdA777のほうが多いため、不良品が混じっていたのかと思えば、芯が折れたCdA777が同社オートマティックAS2Mではうまく尖ったから、202は芯径が太い鉛筆(CdA777は他社製より芯径が太くφ2.3mmある)が苦手なんだろう。
 本品は良品だが、偏食の疑いがある。


b)KUM 400-5L
f)本品
g)KUM オートマティックAS2M
h)トンボKSA-121えんぴつ用
i)クツワ トガール5
*鉛筆は全て北星9500/HB、同一ロット
*トガールは刃が鈍っている


 202の旧型はSpitzer spitzen - Lexikalikerで見られる。

 日本輸入代理店レイメイ藤井による本品の品番は
KM33AF, KMシャープナー202-24 Ice(フック)。
この(フック)が何を指すのかフシギだったが、現物を見て吊り下げ(フック)用包装ということに気づいた。アイスは透明樹脂製を指すようだ。

 KUMがDynamic Torsion Action鍛造刃と呼ぶ自社製刃は、彎曲している(→KUM:スクール&キャンパス:株式会社レイメイ藤井)。本品の刃も鈑ばねのように撓んでおり、替刃が収納溝から勝手に脱落したりしない。
別売り替刃530LKもあるが実に残念なことに廃番らしい。

関連記事
トンボ WシャープナーKSA-121
KUM オートマティックロングポイントAS2M
KUM 400-5L

【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:HB)

【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:B)
【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:2B)
ブンドキ.com Yahoo!店
  1. 2013/10/30(水) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<クム 400-5L | ホーム | クム オートマティックロングポイント AS2M第二回>>

コメント

DUX L仕様の替刃

はじめまして。いつも鉛筆削りの記事拝見させてもらっています。
ちょっといまさら感が否めないのですが、手持ちのDUX 5412-LにLongPointの刃を装着できました。
ポン付けはできないのですが、紙やすりで刃の湾曲部を少し削って付けてみたところ問題なく使用できました。
刃を削るのも意外と簡単で3分ほどで加工することができましたよ。
  1. 2015/11/19(木) 17:38:34 |
  2. URL |
  3. クロネコ #-
  4. [ 編集]

Re: DUX L仕様の替刃

 返事遅れてすみません。いつも読んでいただいてありがとうございます。

 刃を流用できるのは朗報です。記事中のリンク先ブログにもどうぞしらせてください。
過去の名品が、換え部品がないばかりに消えてゆくことを防ぐでしょう。
  1. 2015/12/01(火) 21:10:57 |
  2. URL |
  3. 魚眼ドロップ式 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/267-2a5f5b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)