アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

クム 400-5L


レイメイ藤井 鉛筆削り KMシャープナー 400-5L/KM8

DCMオンライン

【KUM/クム】KMシャープナー400-5L

ブンドキ.com Yahoo!店

 各通販サイトのカスタマーレヴューを読むと、鉛筆を鋭く尖らせたい欲求が少なからずあるよう
で、それを検索する人々のために今月20日や前回に続きこの記事を用意しておこう。

 鉛筆削り会社KUMは、標準的なS刃(24mm長、N刃)より5mm長いL刃(29mm長)を用いて鉛筆を鋭角すなわちロングポイントに削る製品を発売しており、ステノグラフ(速記)とも呼ばれ、また替刃530LKもあった。
 マグネシウム合金製と合成樹脂製202-24(替刃つき)があり、今回は金属製。ドイツ製。

 刃の削れ味は202より良いがあちらほど仕上がりが良くない。削りくずは同様に薄く約0.2 - 0.25mm厚。以前は約0.4mmあったという。→Spitzen und inspitzieren - Lexikaliker
・適合軸径φ7.9mm。切削角度は同社202-24より若干鋭く18°弱、とんがり係数最大値(約19°)を超える鋭さ。
但し、ちょうど尖ったところで止めないと=削りすぎてしまうと、芯先が砕かれる難点がある(左画像)。
 その砕けた芯先を撮ろうとして鉛筆を何本か削ったが、私の手が削り方のコツをつかんだのか、そんなときに限ってうまく削れる。
コツをつかんだのが私の脳や口ではないため、その削り方を言語化できないのが残念だ。何本か削れば感得できるに違いない。

 確実に芯先を尖らせるなら同社AS2Mを薦める
 本品で芯先が崩れた場合、その後にAS2Mで、あるいは同社202で仕上げるときれいに尖る(下画像)。


b)本品
f)KUM 202-24
g)KUM オートマティックAS2M
h)トンボKSA-121えんぴつ用
i)クツワ トガール5
*鉛筆は全て北星9500/HB、同一ロット
*トガールは刃が鈍っている

 四隅に張り出しがある本品のかたちは寝台型Bettstattformと呼ばれる。これは張り出しが無い形状例えばDUX4112よりも指が刃に触れにくく、鉛筆を削る際に保持しやすい。
 寝台型でも蓋があるわけじゃない。だから削りくずを溜められず、トンボKSA-121やKUM AS2Mに劣る。
だがあれらのように穴を塞げないなら裸のほうがマシだ。よって私はこちらを好んでいる。

 材料がマグネシウム合金なんだけれど(この記事画像ではわかりにくいが)届いた現物を見るとABS樹脂にしか見えなかった。マグネシウム合金は軽いうえ磁性が無いから、なおさら金属か合成樹脂か判別できない。
音から判ずるに材料はやはり金属で、刃を外してみたら切削加工痕が現れ、ねじも金属用だった。
 どうやらラッカー塗料を厚塗りして腐蝕や金属臭を防ぐ仕様となったらしく、そのせいで適合軸径が公称8mmより僅かに小さくなり三菱ユニがキツくて回しにくい場合がある。代わりに、それ以外の鉛筆で削る際にぐらつきにくい。
 さて、私が鉛筆を削るために最も使う道具はこれら鉛筆削り器ではなくカッターナイフ。
その際の切削角度が25°ほどだったのに、鋭角鉛筆削りを試してからは刃物で鉛筆を削る際にも鋭角に削るようになってしまった。
 ふだん使わない鉛筆削り器を求めることを訝しむ者もいるだろう。ここに疑問を抱かずさらりと受け容れてしまった者は好事家なのだから、来月の記事を読まないほうがよい、または読む必要がない。

関連記事
トンボ KSA-121
KUM オートマティックAS2M
KUM 202-24


【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:HB)

【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:B)
【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:2B)
ブンドキ.com Yahoo!店
  1. 2013/10/30(水) 18:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トーキン ハイカラ鉛筆ホルダー | ホーム | クム 202-24 アイス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/268-3d007352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)