アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

クラフトA × 分度器ドットコムオリジナル アクリル鉛筆キャップ(クリップ付き)

 クラフトAが作り通販サイトの分度器ドットコムが売っている、マーブルアクリルのムク材を削り出した鉛筆キャップ。軸色14種、2009年頃発売、おそらく日本製。

 他に木製キャップと木製補助軸(エクステンダー)があり、これらが適価で姉妹品も多く収集癖を刺激するから、好事家でありながらその存在を知らなかった者は多分そのままでいい。目敏い者は既に知っているだろうから、よろしくアフィリエイトに協力したまえ。鉛筆なんか使わんという者は流し読みしたらよい。

 クリップが平板で味気ないが機能面では信頼でき、生地の厚薄問わずポケットに差せる。

 本品に合う鉛筆はどれくらいの長さだろう? それはあなたが着ている服のポケットの深さとほぼ同長或いはそれより短い鉛筆である。
例えば深さ5インチ=127mmのシャツポケットに挿すにはだいたい125mm以下が適する。新品鉛筆が凡そ7インチ=177.8mmだから2インチ以上=50.8mm以上削ったら使い始められる。
手っ取り早く使いたい場合には、5インチ長のF-C#9000パーフェクトペンシル用鉛筆119038や約3.5インチ長のアイボールタバコ鉛筆がある。ちなみにシャツポケットに#9000パーフェクトペンシルを収めるには鉛筆を115mm以下にしなければならない。そしてあれに日本のやや太い鉛筆を入れるのが難しい。
 そして本品が把持できる最短鉛筆軸長は、削っていない部分が35mmできれば40mm以上の鉛筆である。このことは内部構造に依拠している。
 前述した木製キャップと木製補助軸そして本品は、内部構造(鉛筆挿入孔)、鉛筆把持方式、製法の三ツが共通している。
●内部構造(鉛筆挿入孔)
 本体とクリップ、鉛筆を銜える鈑ばねの三点から成る。
 鉛筆が入る孔の深さはそれぞれ
アクリル製35mm
木製キャップ33mm
木製補助軸36.3mm(公称39.5)
と違うが、いずれもその奥に細長いφ3.9mm×約20mm孔があって尖った芯先が収まる。
 何mm収まるかは切削角度によって異なるのだが、孔の奥に芯先があたらない深さに掘られている。
孔の奥に芯先をあてるには、切削角度約11.5°で削るか、芯のみを10mm以上削り出す必要があり、トンボ KSA-121 えんぴつ用KUM 400で削った芯先でも奥に達しない。
 木製補助軸では細長い孔が天冠まで貫通しており、芯のみを40mm以上削り出さないと補助軸から露出しない。

●鉛筆把持方式
適合軸径
六角軸の場合φ7.4mm - φ8.0mm
丸軸の場合φ7.0mm - φ7.7mm

 鉛筆を銜える鈑ばねがφ8.7mm挿入孔に仕込まれており、軸径がやや太い日本の鉛筆も、やや細い舶来鉛筆やさらに細いカランダッシュ グラフストーン780も銜えられる。
この方式は簡便で素早く操作でき、鉛筆に噛み跡を残さず塗装を剥がさない長所がある一方で、装着できる鉛筆の短さに制限があり鉛筆固定が不完全な短所がある。
 本品の鈑ばねは舶来に合わせてキツめに調整されており、日本製を挿しているとそれに馴染んで少々拡がる。
そうなっても舶来鉛筆を銜えられるし振り回しても脱落しないが(グラフストーンは落ちる)、補助軸代わりに使うときにはぐらつく。
日本製だったらそれでもぐらつきを感じない。
また、ねじ締めチャックに較べ、ぐらつきを感じにくいということをということを木製補助軸の記事で説明
 だから舶来品を使うなら日本製を挿さずに専用化するとぐらつきを抑えられる。複数本買わせるためにこんなことを書いているわけではない。
 三角軸は入らない、とのことだが一部の製品、トンボippo!三角軸、F-C グリップ2001なら入る。ステッドラー エルゴソフト150は入らない。
●製法
 射出成形やNC加工ではなく昔ながらのボール盤等で削り出しているらしく、各々寸法差(ばらつき)がある。
 アクリルキャップの公式寸法はφ11.8×52だが届いた品は最短58.3mm、最長59.2mm、内径は同寸であった。製造公差は厳しいところで0.05mm以下じゃないだろうか。
 現在ではこのような個体差が嫌われ、またコストダウンのために均一化された材料と製法が好まれる。

当然、マーブル模様が個別に異なる。
PP袋包装だった。

関連記事
クラフトA × 分度器ドットコム 木製キャップ
クラフトA × 分度器ドットコム 木製エクステンダー
ファーバーカステル グリップ2001イレーサーキャップ
アイボール鉛筆 ノースモーキング鉛筆
  1. 2013/11/20(水) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クラフトA × 分度器ドットコムオリジナル 木製鉛筆キャップ(クリップ付き) | ホーム | トーキン ハイカラ鉛筆ホルダー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/270-6f88a16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)