アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ペリカン RW40


*1行め(上段)は書いて消す行為を1回、5行めはそれを5回繰り返した。
*消された芯は左から
ぺんてるAinシュタイン0.3HB
パイロット ネオックスG 0.9HB
三菱ナノダイヤえんぴつB
三菱ナノダイヤ0.9HB

上級品であるSP20の成績が低かったのは意外だった。日常使うぶんにはSEEDスーパーゴールド並みに感じられるだけに。
再度行ってみたが、消字力が僅かに向上したのみだった。

◆消字力;良、今月の五品中最も低いが実用上問題ない。
・消しかす;細かく、まとまらない。
・消耗;遅い、減りにくい。
・消し心地(消し味);天然ゴム系の特徴として、塩ビ消しゴムと異なり紙面にへばりつく感触がない。
・折れにくさ;折れない。紙巻きによる補強がなくても折れたりせず、薄く削られたくさび(前縁部)も欠けたりしない。天然ゴムの機械的強度はあらゆる合成ゴムを上回るという。

 現在万年筆会社となったペリカンがまだ文具総合会社だったころの製品、なんと現行品である。天然ゴム(生ゴム)系、80円+税で買ったが正価は百円らしい。現行品は0.5ユーロ前後。発売年不詳(1930年代にはあったもよう)、私有品はおそらく1980年代もの。ドイツ製。
・寸法は0.1mm、大きい場合には0.5mmほどばらつく。
・RWはRot - Weiß(赤白)の意味らしい。40は40切りを表し、出荷単位が40コ入り一箱を表す。消しゴムの大きさと数字は反比例し、RW80なら40の半分である。
・RWのほか半砂BR、上級品SP、四角いWSがある。
・白い層が装飾なのか機能的に意味があるのか不詳。上級品のSP消しゴムにも白層がある。
以前に紹介した斜面型(くさび型)は半砂(鉛筆用消しゴムとインク用砂消しを半分ずつ接合した型)だが、本品は鉛筆用のみ。よって前後どちらからでも消せる。日本製でも復活させるべき。
・生地(肌理)の粗さ;粗→ラビット510→トンボ510A→RW40→ギャザ半砂→細
・紫外線と経年と裸売りされることにより、表面が老化(硬化)している場合がほとんど。これを売っていた店では個包装されていたが、やはり硬化していた。

 最初に目の粗い紙か紙やすりで擦り、硬化した表層を剥がしてから使う。一部でも剥がせたら、使用につれて広げてゆける。
 今回、くさび型を残すように、前方側縁部から使い始めた。消しゴムを限界まで薄くせずに細部を消せるこの形状が、これまた便利だった。今月紹介するなかでは最も利便性が高く、行間の書き込みも消せる。
この他に考えられる消しやすい形状はF - C187000のような円筒形や角筒形。と思っているが賛同者は少ない。

 ただし消字力は大したものではなく、今月の五品中末席にあり、評論家を名乗る以上他製品を薦めるが、私はこれの消し心地や形状を好んで使っている。イレギュラーな本品を今月加えたのは私の好みによる。
 同種製品を集めて比較しながらも序列を軽視するのは、一般的な序列と私の好みが合わないこと多々あるためだ。ランキングは参考にならないではないが一般的過ぎる。
 SP20はSEEDスーパーゴールドに似て良いものの灯油や溶剤に似た臭いがする。
 Koh-I-Noor6911はたいへん良かった。スーパーゴールドを上回り硬化もしにくかった。あまりに良いのでフタル酸エステル類可塑剤を添加しているのではないかと疑ってしまうほどだった。※2015年4月15日;K-I-N6911の消しくずをスチロール樹脂に乗せて約一年、可塑剤移行が見られず、やはり天然ゴム系であった。

  1. 2014/06/30(月) 06:00:00|
  2. ┗消しゴムEraser
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライフ シェプフェル N64 | ホーム | プラス ダブルエアインスティックER-060WA>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/294-a675ca8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)