アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

三菱鉛筆 ジェットストリームプライム3&1 MSXE4-5000


ジェットストリームプライム;Amazon検索

三菱SXR-200;Amazon検索
ジェットストリーム プライム 替芯 0.5mm 黒【5本】
ジェットストリーム プライム 替芯 0.7mm 黒【5本】
ジェットストリーム プライム 替芯 0.5mm 赤【5本】
ジェットストリーム プライム 替芯 0.7mm 赤【5本】
三菱鉛筆 ジェットストリーム PRIME用替芯 SXR-200-07/0.7mm(黒5本・赤3本・青2本)セット
三菱鉛筆 シャープ替ゴム A

 入荷したそばから売れると評判の多機能ペン、ジェットストリームプライムの高いほうである。2013年10月発売、日本製。
同社SE芯(JIS油性D型)をジェットストリーム化したSXR200替芯を用いる。四芯・二機能(黒赤青ボールペン+0.5シャーペン)、回転繰出式、軸色2色。最大軸径がSXN250と同程度、つまり一本の細さで四本ぶん。
 そのかたちは少し奇妙で、後軸は万年筆の鞘を模しておらず、回転部のズレを覆う帯金がそこには無い。従来の高級筆記具に見られる要素・定型を利用せず、どこかから新たな定型を探してきたか、つくりだしたようである。

 後軸と中軸の境にある回転部には、帯金の代わりに段差が設けられ、それが手帳のペン差しにひっかかるとAmazonカスタマーレビューで指摘されている。これについては申し訳程度のペン差ししかつけない手帳会社を責めたいところだ。ここだけはモンブランを見習うべき。

 重心位置が中央やや後ろ寄りにあり、ジェットストリーム4&1(画像内銀色軸)で書き続けてきたなら違和感をもつに違いなく、これを買って後悔したひともいると思う。そんな人々にはプライム三色ボールペンSXE3-3000が合うだろう。

 ではこちらはどうかといえば、画像に掲げた三本のうち最も短くて細身、手帳を入れたポケットの隙間にうまく収まり、作動範囲が少ない(操作のために手指を大きく動かすことがない)機構のため、立位でも操作しやすい。このとき重心が後ろ寄りなのも不利にはならなかった。回転部がその近辺にあるからだ。
 したがってよく携帯しているのだが、私はシャーペン付属に利便をあまり感じない。それよりは四色ボールペンがよいと思っている。
ビクーニャEXでもおんなじことを書いたがシャーペン機構部をボールペン把芯管に取り付けられれば、または把芯管をシャーペン・ボールペン共用にすれば容易にヴァリエーション展開でき、仕向地や需要の変化に合わせられ、OEM生産でも優位性を保ち続けられるのではないか。

●操作法
・ペン軸をひねって(回旋して)ボールペンを繰り出す。耳障りではないが作動音あり。
作動が重い。注油しても重い。部品を間違えて組んだんじゃないかというくらい重い。店頭見本はもっと軽くなめらかだったから、バラツキがあるか初めのうちは渋いのかもしれない。
・色を選択するにはペン軸を90°ずつ回して、黒→赤→青→シャーペン→黒……と繰り出し、任意の位置で停める。逆回転可能、片手で操作可能。
黒と赤が隣り合っているのがよい。
ノック式にせよ回転式にせよ繰出式ボールペンはその芯先がガタつく。本品もその例外ではないが、実にうまくごまかしている、いや回避している。
クリップを上向かせ、手に干渉しないように握ると、芯先ガタツキが解消する。回転繰出式かつ複芯式だからこその仕掛け。
・シャーペンは、その機構部を繰り出したのち上軸・後軸全体を押してノックする。ノック負荷約1.25kg。

 クリップとペン軸との隙間が約2.5mm。やや幅広なクリップはポケットに挿しやすく、少しやりづらいがラシャ地等にも差せる。強度上の不安もなく回転操作時にもぶれない。
 回転繰出式は色標示が不明瞭なことこのうえないが、本品はクリップが指示器となってたいへんわかりやすい。

 プライムのアイコンたる青いファセット飾りはその裏側も多面体。よく見たらプライム三色もそうだった。あちらより大きいファセットながら、あれほど外側へ突き出ておらず輪郭線内に収まっている。意外に目立ちにくい。
 この飾りが酷評されているのは、ここだけが守旧的なブルジョワ趣味というだけでなく材料が代用だからだ。使用者がその真贋を判じられない眼力の持ち主と侮られかねない。高級品なのだから、天然にせよ人工にせよせめて本物の石を使うべきだった。
 これが蛇足とはいえ、(Amazonカスタマーレビューのように)あれほど目くじらたてることもないと思うが、もしかしたら三菱はユーザを試しているのではないだろうか。高級品にもかかわらず材料をごまかしている印象を与える品でも、ジェットストリームなら買うか試しているのではないだろうか。

◆替えゴムA SKA, φ4.5mm×12.8, 5コ入り
黒色にすべき。

 頭冠・天冠、先軸・下軸のねじにはゆるみどめOリングが仕込まれている。
サラボ等では先軸にねじを使わず嵌めていたが、本品は螺合である。
回転操作中にそのねじがゆるむことはあるか?
片手で操作しているときにはゆるまない。どちらへ回しても。
両手で操作したときにはゆるみ、外れる。
両手で操作するなら中軸(色標示部)をつかんで回す。
関連記事→付録:複芯・多芯式を片手でひねる
 替芯交換はその先軸を外し、替芯を引き抜いて行う。

◆替芯SXR-200, φ2.3mm×67, ペン先径2.3, JIS油性D型、黒赤青、ボール径/筆記距離;0.5mm/300m, 0.7/200, 日本製。
●互換性:同社SE-7, オートR-4C7NP, セーラー18-0103, トンボBR-VS及びBR-VMP, パイロットBRF-8及びLHRF-20C, プラチナBSP-100S及びSBSP-120S, ぺんてるKFS及びKBXES7, ステッドラー92RE, パーカー小、ファーバーカステル148760, ペリカン38, モンブラン116用、ラミーM22, ロットリングR074 42*等々
代用品:ゼブラ4C型(但し把芯管が少々緩くなる)

・付属芯0.7mmボール。
・色別帯が黒にもあるのがえらい。
・ロット番号が印されていない、とプライム三色で書いたが14CKがロット番号らしい。数字が年、英字が月? 末尾のKは製造ライン?
・シャーペン付属に利便をあまり感じないが、しかし最もよく使っているのがシャーペン。手帳に書き込むには0.7ボールが太いため。樹脂芯SXR-80と同じくSXR200にも0.38を追加して先駆性を示すべき。
・筆記距離の短さが指摘されているが、SXR80より50m短いだけである(0.7ボール)。
・どうもSXR200はSXR7ほどなめらかではないように感じる。しかしそれで良い。
・本来ボテが発生しないが、プライム3&1の重心位置に合わせてティップが紙面と擦れるくらい低い筆記角度で書くと、よく発生する。それでもダマは発生しない。ペン先にフッ素加工しているのだろう。(このブログではダマとボテを区別している。参考記事→ぺんてるビクーニャ)
・ある種の修正テープに上書きすると暫く書けなくなる。
・ぜひ緑を加えて四色化すべき。金属芯用緑インクが難しいならブルーブラックを売りだしたらよいのだ。そして本品を四色にしないならプライム三色を四色化しよう。
◆シャーペン機構部
芯径0.5mm、芯繰出量0.65mm。
機構部を引き抜いたのち取付部に芯を補充。
これの長所は口金を外してチャックを露出し、芯づまりを解消しやすいところ。ここにもゆるみどめOリングがある。
なんとなく似ているニッコー オクトパシー8色ボールペン。
  1. 2014/08/30(土) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<マルマン ニーモシネダイアリーウィークリー2014第二回 | ホーム | 付録:夏の低粘度油性ボールペン>>

コメント

一生使い切れない大金をもらってしまいました!

とんでもない告白と思われるかもしれません。
母子家庭で7歳の娘がいて、何も買ってあげられなかったんです。
もっとはやくこれを知っていれば…。
お願いしたら、本当に欲しいだけの現金をくれたんです。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本気で知りたいという人だけに教えます。
知りたい人は、banana_ayako@yahoo.co.jpにメールしてください。
すぐに教えますから。
  1. 2014/08/31(日) 06:15:30 |
  2. URL |
  3. shinohe #27Yb112I
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/299-eb2aad76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)