アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

サカモト スマートアルファ2


サカモト おやつマーケット:Amazon.co.jp検索

mimiペン:Amazon.co.jp検索

 おやつマーケットやミミペン等のファンシー文具で有名なサカモトから出たファンシーではない製品。軸色3色以上、2011年?発売、台湾製。
 静電容量式タッチペン/スタイラスはペン軸にゴム等絶縁体を使えないために、フィッシャー ブレット並みに簡素な見た目になる。スタイラスは金属繊維ボールペン替芯はJIS油性D型

 直筒軸の重心はスタイラス寄りで、ボールペンとしてはペン軸を長めに握って書く者に向いている。またクリップをずらして位置を変えられる。但し堅い。

 ボールペン回転繰出機構は作動が重く、しかしなめらかにヌーッとクロスのようにおよそ240°回転する。が180°でも操作可能。片手で繰り出すこともできなくはないが難しい。
作動の感触や基本的な部品構成がラカーノやボールドミニと同じ、製造工場も同じかと思ったら、こちらは台湾製で部品互換もしなかった。替芯だけは互換する。
 タッチペン/スタイラス回転繰出機構もボールペンと同じ感触で回り、回転角が約720°、二回転する。
回転方向は前後で同じ、スタイラス側から見て反時計回りに回す。
ゼ)ゼブラ スタイラスC1
マ)マークス ボールドミニ
サ)本品
ラ)ラカーノ トラベラー

 替芯交換は、1:前軸(グリップ部)を引き抜き、2:黒いつまみをねじって外し、3:替芯を引き抜いて交換。左画像の製品はすべて同方法。機構部には潤滑油が塗布されているからあまり触れずに行う。

◆替芯無銘、φ2.35mm×67、ペン先径2.3、JIS油性D型、筆記距離不明、台湾製? ボール径1.0mm(太字)相当
・同社は替芯を供給していない。
・書き味はパイロット アクロインキに似ている。
・色が濃く、修正テープにインクが少々滲み出す。但し購入から二年後には若干淡くなり、書き味も落ちた。
・他では合わないohto R-4C7NPプラチナSBSP-120Sが合う。

●互換品:ohto R-4C7NP、セーラー18-0103, トンボBR-VS及びBR-VMP, パイロットBRF-8及びBRFS-10及びLHRF-20C, プラチナBSP-100S及びSBSP-120S、ぺんてるKFS及びKBXES, 三菱SE-7及びSXR-200, ステッドラー92RE, パーカー小、ファーバーカステル148760, ペリカン38, モンブラン116用、ラミーM22, ロットリングR074 42*等々

代用品:ゼブラ4C芯 R4C及びJSB芯及びESB芯(但し外径が僅かに太く把芯管がゆるくなる)

●静電容量式タッチペン/スタイラス
金属繊維で編まれた約φ5mmの毛糸玉。スティールウールと違って硬くもなく、羊毛に近い柔らかさ。
・脂に絶縁性があるというので、画面をよく拭いてから操作している。
・ゲームはしない。
・指の代わりとまではいかないが良好。
・機種によってはフリック/スクロールが芳しくなく、それ以外では保護フィルム越しでも操作可能。
・手袋越しでも操作可能。
・耐久性は高いようである。

 感度良くても指に比べればまどろっこしく、やはり使っていない。

関連記事
→北星 大人の鉛筆にタッチペン。
→北星STYLUSな鉛筆キャップ。
→ゼブラ スタイラスC1

  1. 2015/07/24(金) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゼブラウィング スタイラスC1 P-ATC1 | ホーム | 北星鉛筆 スタイラスな鉛筆キャップ。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/325-638ea1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)