アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ラミー LT52ブルーブラック

現在、瓶入りブルーブラックインクは単なる染料インクへ変わってしまった。これは文字を書き残しにくくしてアナログ筆記具から記録性を奪い、すべての文字を電子化させようとする米国NSAがIT業界と結託して行っている陰謀だ! エシュロンだ! プリズムだ!

 実に嘆かわしいことに、2011年12月、同社万年筆用瓶入りブルーブラックインクが鉄-没食子酸インク(化学インク、このブログでは酸化染料インクと呼んだ)から水溶性染料インクへ変更され、耐水性が失われた。
→LAMYのボトルのブルーブラックが古典じゃなくなっていた件 - 趣味と物欲
ところが同社公式HPに奇妙な記述がある。以下引用。
インク
成分
 中世もっとも多く消費された鵞ペン(つけペン)用インクが鉄-没食子酸インクでした。含鉄インクの欠点はガラス瓶内で急速に劣化し沈殿することです。そのため本来万年筆に入れて使うことはありませんでした。新たに水性染料が出現し、合成水性染料の発展がさらに価値を増して、鉄-没食子酸インクは没落しました。
 今日常用される万年筆用インクは水と染料から成る純粋な染料インクです。
(中略)
改竄耐性(訳註:直訳は「記録堅牢度」、また英語版では「耐水性」)
 万年筆用インクはISO規格に適合する改竄耐性がありません。
黒とブルーブラックインクはしかし、とても耐性があり、乾燥し遮光した保管では十年後でも読めます。

原文
Tinte

Inhaltsstoffe:

Im Mittelalter war die Eisengallus-Tinte die am meisten verwendete Tinte für Federn. Der Nachteil der eisenhaltigen Tinten war, dass sie sehr schnell im Glas alterten und sich absetzten. Somit waren sie eigentlich für den Einsatz in Füllhaltern nicht zu gebrauchen. Die Eisengallus-Tinten verloren nach dem Aufkommen neuer, wasserlöslicher Farbstoffe sowie durch die Weiterentwicklung synthetischer wasserlöslicher Farbstoffe immer mehr an Bedeutung.

Die heute gängigen Tinten für Füllhalter sind reine Farbstofftinten aus Wasser und Farbstoff.


…Weglassen…

Dokumentenechtheit:
Füllhaltertinten sind laut ISO-Norm nicht dokumentenecht. Schwarze und blau-schwarze Füllhaltertinte ist aber sehr resistent und ist bei trockener und lichtgeschützter Aufbewahrung noch nach Jahrzehnten lesbar.

→Lamy - Häufige Fragen ; 2015年7月16日現在

英語版
Ink

Contents:
In the Middle Ages the ferro-gallic ink was the mostly used ink with quills. The disadvantage of the ferruginous ink was that it aged and dried up in the bottle very quickly and was therefore not suitable for fountain pens. After new dyes appeared on the market which were water soluble and after further developments with synthetically water soluble dyes, ferro-gallic ink became less and less popular.

The common inks of today for fountain pens are pure colour inks made of water and dyes.


…omission…

Waterproof:
According to German DIN ISO Standard fountain pen inks are not waterproof. Black and blue-black ink is very permanent and can be read even after decades when stored in a dry and shady place.
 「とても耐性がある」とは言うが、乾燥と遮光を条件にすれば、ただの染料インクにも耐性が認められるではないか。それを耐水性があるなどとは言わん。
 そのこととは別に、誤ってメモ帳を洗濯してしまって(ときどき起こる)、乾かしたら、紙面にohtoブルーブラックカートリッジの筆跡が不完全ながら残っており、いくばくかの耐水性を示していた。そのカートリッジはオーストリア製。上記引用の記述を思い出し、ラミーはドイツ企業だが、ともかくLT52瓶入りインクを注文した。
 今回取り上げるのはその新しいブルーブラック。ドイツ製であった。

 筆記後5分以内に水道水に漬け、1時間後に引き揚げた。
耐水性があると言うには憚られ、やはり旧品廃番はかえすがえすも残念なことと思わざるをえないが、現行品筆跡がどうにか残っている。しかしその理由は不明、ohtoブルーブラックも同様に不明だ。これらについては他に任せたい。
※現行品の筆跡に満足していると思われては心外だから書き足すけれども、その改良に期待したい、いや旧品復刻を望む。

各紙片、上から
旧ラミー瓶入り
同現行
ohtoカートリッジ
プラチナ万年筆カートリッジ
*ohtoブルーブラックはカートリッジ開封から半年以上経ってインクが濃くなっている。

修正テープは左から
プ)プラス ホワイパーラッシュ
パ)パイロットホワイトライングリップ

 私有の十年以上前のラミー黒インクには耐水性が皆無だが、公式によればそちらも何らかの変更が加えられたのだろう。黒とカートリッジインクについては読者自身で確認されたい。

 万年筆内に旧インクが残っていたわけではないことを示すためにガラスペン筆跡も掲げる。当然新旧でペンを替えた。三行めはモンブランブルーブラック(ミッドナイトブルーではなく)カートリッジ。

 インク瓶の特長はサファリ記事で述べた通り。インク吸入後に数滴インクを瓶に戻すこと─インク吸入の「儀式」なんて呼ばれている─も記すことはないだろう。
 旧箱にはfor documentsラベルがあった。新箱からグリューネプンクトが消えたかと思ったら、バーコードラベルの下にあった。

 キリトリ線入り吸取り紙は、ペーパータオルのような紙の片面に透明フィルムを貼り合わせ、紙に染みたインクが指を汚さない仕掛けになっている。1990年代は水彩紙のような厚手の紙だった。
新ブルーブラックは(旧インクに比べれば)少々裏ぬけする。そしてインクが詰まりにくい。

 今回入手したのは瓶底が厚い。
旧ブルーブラックは瓶底に澱が溜まって貼りついている。瓶を振って液中に溶かしこみたいところだが、振ると空気を混ぜることになり酸化沈澱を促すからよくないそうだ。沈澱物は赤インクにも見られるが、そちらは瓶を振れば溶ける。

 珍しいことに湯口(ゲート、金型に溶けた樹脂を流しこむための小孔)跡に糸状の樹脂が残っていた。通常は型抜きしたら自然と切り離される。
 メモ帳洗濯や筆記具洗濯は文具マニアあるある。万年筆を洗濯したこともあったわ。*その万年筆はパーカー フロンティア。インク残量が僅かだったこともあり、かえってきれいになった、万年筆が。

関連記事
→ラミーサファリ万年筆
→同ロゴ万年筆L05
→同L06

もちろん常識的には洗濯機ではなく超音波洗浄機で万年筆洗浄する。

超音波洗浄機;Amazon.co.jp検索

パーカー 万年筆 フロンティア 136162 SS CT
【カートリッジインク ブラックプレゼント特典付き!】
【ペンハウス ヤフー店】

パーカー 万年筆 フロンティアSS 文栄堂Yahoo!
ohtoカートリッジはラミー用と型が異なる。

 何年か前までエシュロンは陰謀論の範疇にあったのに、いまや常識的な存在なのだから世界は陰謀に満ちている。Amazonも参画してたらどうしよう……米国批判したら監視対象になって逐次報告されてしまうんだ! 世界は革命を必要としている!
  1. 2015/08/30(日) 06:00:00|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ハートレイ&マークス出版 ペーパーブランクス ダイアリーミニ2015第二回 | ホーム | ラミー ロゴ第四回万年筆L06>>

コメント

一枚めの画像に耐光を追加し、差し替えた。
  1. 2015/10/07(水) 12:44:59 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/329-521614fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)