アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

アイボール鉛筆 オレン マークシート鉛筆


【Eye Ball pencil/アイボール鉛筆】OLEN MARK SHEET(マークシート鉛筆)

【UCHIDA/ウチダ】ドローイングホルダー用ポリマー芯 2.0mm(硬度:B)
【KUM/クム】KM26オートマチック(芯研器付き)
【kutsuwa/クツワ】鉛筆けずり K'ZOOL/ケ・ズール(ブラック)
ブンドキ.com Yahoo!店

 2025年までに大学入試が選択式から記述式中心へ変わり、しかも紙を廃止する気配すらあることから、マークシートに適していそうな鉛筆を売りこむなら今しかない、というわけで鉛筆を紹介する。今回、但し書きはない。

 BEGOODY名義で売られ、折れにくい芯を用いたマークシート用鉛筆。発売年不詳、日本製。

φ7.7mm×177六角軸、芯径2mm(2.05mm)、約3.5g
芯硬度:HB - 2B (HB以外は品名が小学低学年用かきかた鉛筆)
封蝋ナシ両切り
銘は緑色の箔押しで一面のみ、ロット番号なし
BEGOODY JAPAN OLEN MARK SHEET [芯硬度、白抜き文字]

左からKoh-I-Noor 1820/HB φ5.5mmトンボ黒赤鉛筆HB φ3mmトップバリュ消しゴム付き鉛筆HB φ2.4mm、本品φ2.0mmHB
今月(2015年12月)中では、これの芯径が最も細く、前回までの主張──太芯なら芯先が短くなっても書き続けられるからマークシート試験に有利という主張に反するマークシート用鉛筆。にもかかわらず取り上げるのは、芯密度が高く書き減りが遅い(消耗が少ない)うえ折れにくいポリマー芯だからだ。現行品でポリマー芯と明確にわかっている木軸鉛筆は本品だけである。→アイボール鉛筆カタログp36
 芯先が鈍って(丸まって)いれば素早くマークでき、読取エラーも減らせるのだから、尖らせない鉛筆削りを使うのが望ましい。そこで芯先を円錐台形に削る製品──ソニック ラチェッタカプセルを薦めてきたが、2mm芯の本品では芯露出が少ない。であるから芯先を五段階調節できるクツワ ケズールRS007ソニックかるスピンSK-837http://nanos.jp/schzkr/blog/1/199/、もしくはKUMオートマティックAS2MM+R207を薦める。KUMとM+Rは木部だけを削って芯出しできる、元は製図やデッサン用である。どれくらい芯を削り出すかはお好きにしたらよいが、KUM AS2Mは最大7mm強、M+R207は無限に削り出せる。ただ画像のように木部が芯に残る場合がある。
 どんな消しゴムを使うかもお好きにしたらよいが、ここではプラスWエアインフォームイレーザーピュアスリムなど細い、またはSEEDレーダーラインなど薄い消しゴムを薦めよう。他にはライオンER-3K(現ER-10K)など繰出し式消しゴムが向いている。
 どんな鉛筆を使うかもお好きにしたらよいが、試験が始まってから文具を換えることはできない。その不安を解消するのが「マークシート用」という商品名だ。そのマークシート用鉛筆は他社からも売り出されているが、別段ここで取り上げることもないだろう。

OMR(光学式マーク読取装置)に反応するかナンバーズ4で試し、いずれも赤外光を吸収した。センター試験での再現性を保証しないが気に病むことはない。
 シャーペン芯として開発されたポリマー芯がOMRに反応しないという都市伝説は、上の結果からわかるとおり誤っている。最初に売り出されたマークシート用鉛筆もぺんてるのポリマー芯(カーボングラファイト芯)鉛筆だった。
反応しないのは線が細い筆跡だそうである。
→マークシートQ&A|教育ソフトウェア
→@nifty:デイリーポータルZ:マークシートは本当にボールペンを読まないのか?
 書き味はぺんてるタフCB5/6や同ブラックポリマー999に似て、乾いた感触で脂ぎっておらず、ぬるぬるしたなめらかさではなく、ガラスに指を滑らせるような、つるつるした書き味。その筆跡を擦ってもかすれにくい。
筆跡の色は同社ジャノメ555/HBやゴールデンソード/HBより淡く、ブラックポリマー999/FやHに近い。書き味も999/HBよりHに近く、カッターで削っても硬く感じる。OLEN/Bと2Bが入手できず試せなかったのが残念。

 ポリマー芯は組織が密だと言われるが、削ってみるとOLEN芯の表面に光沢がない。ということは微細な空隙があって光を均一に反射できない疎な組織で、そのぶん体積が小さいから書き減りやすいはず。
ところが、その予想と見た目に反しOLENが最も消耗が少ない。ポリマー芯とはいえフシギだ。
 削り出された芯の表面には、後期ブラックポリマー999と同じ縦筋があり、削った際の多孔質な表面も同様だから、芯は同じ製造工場か設備で製造されたと思われるものの詳細は不明だ。縦筋はステッドラー マルス200/2mm芯より浅い。
この芯は内田洋行の2mm芯にも似ている。イトーヤ木軸2mm付属芯もこれに似ていたような気がする。



ハイクラス鉛筆
ヨシミ ヤフーショップ - Yahoo!ショッピング

これもアイボール鉛筆。ヒノデワシがばら売りしていることもある。

金の合格五角鉛筆
ヨシミ ヤフーショップ - Yahoo!ショッピング
  1. 2015/12/24(木) 20:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オートポイント オールアメリカンスタンダード | ホーム | イオン トップバリュ消しゴム付き鉛筆HB(3本入)PCL40ER>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/338-b1cf2138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)