アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

エトランジェディコスタリカ ベイシス NB-23-02


エトランジェ・ディ・コスタリカ A5ノート BASIS セクション NB-23-02
webby shop - Yahoo!ショッピング

エトランジェディコスタリカ BASIS:Yahoo!ショッピング検索

エトランジェディコスタリカ BASIS:Amazon.co.jp検索

 表紙のMaterials Textureどおり、華美に飾らず簡素ながら事務用品らしくもなく、欧風デザインに日本製品質で不具合なく書けるノート。発売年不詳、日本製。社名のetranger di costaricaが長くてedcと略している。

 同社カタログによれば品名BASIS。現物には品番のみ記され、この製品群には綴じノートのほかダブルリングノートやレポートパッドがある。
A5/セミB5/A4判、30枚60ページ、中綴じ、糸綴じ
・ 5mm方眼と6mm横罫があり、表紙で容易に判別できる。
・表紙はマットコート紙。鉛筆で書けなくはないが、筆記にはあまり適さない。中村印刷所水平開きノートもそうだ。
・本文紙はコクヨ「さらさら書けるルーズリーフ」に似て、紙面が平滑ながらも芯先の動きを止めやすい。合成ゴム系や天然ゴム系とも相性よい。
・パイロット万年筆用ブルーブラックインクが滲まず裏抜けしない。
・全面方眼。左右ページでの罫線ズレが見当たらない。
・罫線は明灰色で目立たず、コクヨさらさら書けるルーズリーフより線が細い。
 今月2016年7月2014年7月に続いて翻訳ノート。
前回触れた通り、この用途には無地が適すると考えていた。しかしBASISノートには無地が無い(A4レポートパッドBP-A4-01にはある)。だから取り上げなかったが、これまた前回述べた通り、無地が最適ではなかった。
 書き写した文の行間に品詞や意味を書きこむために鉛筆や芯ホルダの芯先を尖らせる必要があり、鋭角鉛筆削りのみならず2016年6月に取り上げた回転式芯研器でも芯先を研いでいる。シャーペンは効率的でつまらんので使っていない。

左が'00年代、右が'10年代。この間本文紙が二度変わった。
 '00年代に買ったときは日本の標準的なノート用紙──塩ビ消しゴムとシャーペン芯(ポリマー芯)に適した紙──で、天然ゴム系消しゴムと鉛筆芯(粘土芯)とはあまり相性がよくないと感じた。

当時は再生紙使用を謳って表紙にRecycled Paperと記され、その紙の色は蛍光増白されたような青白さ。2008年に再生紙偽装問題が起き、白色度が低下した紙へ変わった。
現行品は再び白くなったが(変更時期不明)以前のように青白くなく、天然ゴム系消しゴムでも筆跡が残りにくくなった。表紙表記はFine Quality Paperへ変更された。

 BASISを針留めにして表紙を柄物にしたFioreなどの姉妹品がある。画像はFrutteria(廃番)。フィオーレもフルッテリアも文字通り華飾されているが、静けさがある。それらはBASISと違ってハーモニア(ハンガリー小学生ノート)のように表2と表3にも書けるセコい使い方ができるからたいへんすばらしい。

EDC A5ノート 【方眼】 【30シート】 セクション | edcオンラインストア


EDC A5 ノート 【花】 【方眼】 【30シート】 ローズYE | edcオンラインストア

A5ノートカテゴリー | edcオンラインストア
  1. 2016/07/30(土) 06:00:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゼブラ クルティアP-U5C7 | ホーム | フュースフォイ製紙 ハーモニア帳>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/347-b7de05e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)