アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロンド工房 ブラウニー手帳 第二回

製本テープとリボンでしおり紐を新設した。
・三菱シグノ307(替芯UMR-85E)は裏抜けすることがある。同ビジョンエリートUB-200は裏抜けする。同ユニボールエアUBA-201は確実に裏抜けする。
・パイロット ブルーブラックが裏抜けしない。2017年版から更に万年筆に適した紙になったそうだが、2016年版でも問題を感じない。
・戸外での筆記時、左に余白を設けた版組のため右利きには少々不便。日本は欧米より左利きに厳しい国というが、手帳はそうでもない。90°回してヨコにするとそれが緩和される。
・しかし戸外へ携帯することがほとんど無く、机上筆記ばかりだったため不便を感じることがなかった。そして机上ではヨコにして書くことがほとんどなかったため、その特性を活かすこともまたなかった。
・ヨコにすると日付が縦に並んで見渡せる。案外見やすい。代わりに時間軸が午前午後に区切られて途切れる。これは一長一短ある。
 使い方は公式HPを参照してもらったほうがいいかもしれない。そちらを見るともっとうまく書ける気がしてくる。→使い方部 | ブラウニー手帳公式

 来年は他製品を用意するが、それはブラウニー手帳が気にいらなかったからではなく、翻訳ノートと同じく一種に絞ることはないと思い至ったからである。

関連記事
ブラウニー手帳 第一回
  1. 2016/09/12(月) 06:00:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クオバディス イタルノート2017 | ホーム | ゼブラ クルティアP-U5C7>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/349-218be88f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)