アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クオバディス イタルノート2017


2016年11月14日~2017年12月31日、13ヶ月、見開き一週間、土日均等、9時~20時、3.7mm罫
アノプランニング(年間カレンダー)2017/2018、2018年1月のみ月間ブロックあり
折丁5冊、158ページ、しおり紐なし、オートマチック開閉
90mm×176、10mm厚、約125g(カバー、別冊ノート込み)
85mm×167.5、8.5mm厚、約81g(リフィルのみ)
別冊ノート32ページ約5mm横罫、切り取りミシン目いり
2016年9月5日発売、フランス製。

・象牙色の紙はPEFC認証紙。トリップやエグゼクティブと同じく万年筆に適した紙だ。
・糸かがり綴じのようだが、新品のうえページ幅が狭く、開きが堅い。ページを開いたままにしておけない。バイプランニングのように横に置いて書く形式のほうが扱いやすいかもしれない。
・ヴァーティカルでレフト式という珍しい形式。一日が二列に別れている。
・連続した時間軸によって一日の予定を見渡せるヴァーティカルの長所が、二列に区切られて途切れる。代わりに右ページに広いメモ欄26行と日曜日欄がある。このメモ欄は方眼がいい。
・2018年1月を除き月間ブロックなし、月間カレンダーは各ページ下端にあるのみ。月締めで生活する者には向かないだろう。
・ビニールカバーが相変わらず臭う。この臭いが消えるには半年ほどかかる。同社バイプランニングと同判だから、私の場合はリフィル(中身のみカバーなし)を買ってバイプランニング用カバーを流用しても良かったかもしれない。

 判型90×176は長4封筒90×205やコクヨ測量野帳94×166と同じくらいで背広の内ポケットに収まる。長辺はロットリング アートペン178mm長とほぼ同じ長さ。
シャツの胸ポケットには入りきらず、上衣を脱ぐ夏のためにシャツポケットに入る手帳を求めていたが、鞄へ入れてもよいかと妥協した。

 表紙カバーに差しているのはラミーロゴ万年筆L06同ボールペンL206。そのクリップはカバーに凹み跡をつけない。
 チェコスロバキアの雑嚢には、同年代の背嚢に付属するY型負革(ストラップ)を連結できる。このストラップは同時代の西独陸軍小型背嚢レプリカ(肩掛け鞄として売られている)へも流用できる。但し、背負っている間は連結し続けるのだが、一旦おろして引き上げるとだいたい外れているためカラビナ等で補う。以前にも他所で書いたが、1960年代の西独背嚢には大小ともにレプリカがあり、大型背嚢にはストラップBW Koppeltragegestellが付属するし別売もされている(Amazon.deで3.49ユーロ、別の店では2.99ユーロ)んだから、それを輸入したら、あの小型背嚢は付加価値を得て優位性を獲得しうる。
肩掛け鞄ならリヒトラブのスマートフィットA-7577でも間に合う。
Y型ストラップ→BW KOPPELTRAGEGESTELL A.A.GEBR. - Trageausrüstung - Gebrauchte Ausrüstung - Sturm MIL-TEC® Online-Shop
大型背嚢→BW RUCKSACK OLIV M.TRAGEGESTELL ORIG. - Rucksäcke - Ausrüstung - Sturm MIL-TEC® Online-Shop
小型背嚢→BW PACKTASCHE M.GURT OLIV - Taschen - Ausrüstung - Sturm MIL-TEC® Online-Shop
※上記リンクがパーマネントリンクでないため追記。
Y型ストラップ実物中古→BW Koppeltragegestell alte Art neuwertig (Tragegestelle) | ASMC
大型背嚢レプリカ(たぶんSturm MIL-TEC製)→BW Rucksack mit Koppeltragegestell oliv (Rucksäcke) | ASMC
小型背嚢レプリカ(たぶんSturm MIL-TEC製)→BW Packtasche oliv (Umhängetaschen) | ASMC
小型背嚢レプリカ(Brandit製)→Kampftasche large oliv (Umhängetaschen) | ASMC

 戦後採用されたドイツ軍雑嚢(食糧入れだったからブレッドバッグとか呼ばれる)は戦前ものと型が大きく違い、イメージが刷新された。旧式ほど使いやすいとは思わないが、1990年代の独軍25L背嚢(樹脂製尾錠を用いたもの。山岳部隊用と言われていた)のかぶせ蓋に連結できる。但し型が二種あり一方は連結できない。


WEBプライス チェコ軍リネンリュック
ミリタリー百貨シービーズ - Yahoo!ショッピング


WEBプライス チェコ軍 ブレッドバッグ USED
ミリタリー百貨シービーズ - Yahoo!ショッピング
  1. 2016/09/24(土) 06:00:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<メビウス&ルパート Nr.0203 二穴式鉛筆削り | ホーム | ロンド工房 ブラウニー手帳 第二回>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/10/10(月) 09:42:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: ブログ拝見しました。

うーむ、せっかくのお申し出ですが、お断りすることをご了承ください。
私としてはどんな赤ペンを使っているかのほうが気になります。
  1. 2016/10/12(水) 19:50:25 |
  2. URL |
  3. 魚眼ドロップ式 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/350-49d7caab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。