アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ファーバーカステル 9000番ダストフリーイレーサー587122


 緑は同社コーポレートカラー。紙巻きの印刷文が変わったようで、届いた品はカタログ画像と異なっていた。開封帯あり。発売年不詳、マレーシア製。150円税別。
 同社がマレーシアに消しゴム工場を構えたのはあそこが一大ゴム産地だからと思うがしかし、これは天然ゴム生地ではなくプラスティック消しゴム。
Amazon.co.jp説明ではPVCフリー(非塩ビ)と説明されているが、ファーバーカステル公式→Faber-Castell - Art eraser DUST-FREE greenではビニール製でフタル酸系可塑剤不使用。


◆消字力:良好
消す際の堅さなど、カランダッシュやリラの透明な塩ビ消しゴムに似ているが、あれらより消字力が高い。9000番ジャンボ/6Bも消せるし、舶来消しゴムとは相性悪いナノダイヤえんぴつも消せる。
消しかす:通例、まとまる消しゴムの消しかすがまとまり始めるのは、カドが丸まってから。これは新品時からまとまるうえ、消しかすが少ない。
消耗:やや遅い
消し心地:案外軽く消せる。
折れにくさ:折れにくい。トンボ モノより堅く感じる。

 特徴はカドは無いこと。四角柱の稜線を面取りして八角柱にしている。使うにつれカドが無くなるのだし、カドで細部を消せるのは始めのうちだけなのだから、始めから無くてもいい。
そのぶん細部を消しにくいが、実のところ従来品と大して変わらず、一行消しくらいはできるから実用上あまり問題ない。
面取りされた四隅は折れも防ぐ。ただ折れやすい消しゴム生地には感じられない。

 八角柱にしたのは材料を減らす目論見もあるはず。体積/10円を比べよう。
体積約15,600mm3÷150円税別×10=1,040mm3
トンボ モノPE-04(百円サイズ11mm×23×55)の約1.3倍。なんでも割高にする同社にしては控え目だ。

関連記事
→ファーバーカステル 鉛筆削り582800

受験生の宿 | 宿泊(ホテル・旅館)予約は日本旅行
  1. 2016/12/08(木) 23:50:00|
  2. ┗消しゴムEraser
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタビロ イグザムグレード288 | ホーム | ファーバーカステル 9000番2穴ジャンボシャープナー582800>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/356-d42d174f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)