アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ゼブラ F-701 BAZ47


 ゼブラ海外支社のスティールシリーズの金属グリップ油性ボールペン。発売年不詳(1990年代?)、インドネシア製。未輸入品をAmazon.co.jpが輸入した。同社F-301の上級品にあたり、替芯も互換。

 適度に太い金属軸とローレットグリップもさることながら、長所はぞんざいなクリップ。まったく工業的な、優雅でないプレス加工部品だが、適応範囲が広く、デニムでもラシャでも厚地のポケットに挿せるうえ、ペン軸が短めだから少々浅いポケットにも挿せる。
短めの軸長と太めの軸径が胴長短足でバランス悪そうに見えたが、書いてみると問題なかった。とくに野外でメモする際、やや短い軸長はむしろ扱いやすかった。
 短所は軸尾に露出した合成樹脂部だそうで、落としたとき、当たりどころが悪いとここが割れるそうである。
なお合成樹脂は概ね薬品耐性が低く、アルコール消毒したり溶剤等を扱うなら、合成樹脂部品比率が低い金属軸が良いという。だからかどうか、英国では外装をフルメタル化したF-xMDへ置換されている。→F-xMD │ Zebra Pen
日本でF-701が売られ始めたのは在庫処分とも考えられるものの、カナダでは双方掲載されているから(2017年5月現在)急いで買うことはない。→Steel | 3-Series, 4-Series, 7-Series | Zebra Pen Canada
 まったく労働者階級向け、それも野外仕様だが、金属軸は寒冷地では冷えすぎたり、雪面とくに新雪面に落とすと深く沈んで拾いにくくなるため、積雪地帯では紐付けするか他の合成樹脂軸も用意するのがいい。

・ノックボタンはムダなく作動する。ノック負荷約500g、重いのに感触がよく、内部で回転子(鋸歯状カム)が噛み合う際の衝撃を感じず音も小さい。三菱ジェットストリームプライムシングルより小さい。
浸水しても内部で錆びつかせないためか、ノック機構内部部品は合成樹脂、おそらくPOM樹脂。なおPOMは酸には弱いがアルコールや油には強いという。

左はポケット生地が薄く、右は厚い。
ポケットに挿した品は左から
本品
ゼブラF-301
同スラリ300
カランダッシュ849
ラミー ロゴ206
同204
・同型シャーペンとクリップ刻印が異なる。幅が5.1mm、ペン軸との隙間が2.5mmあり、紐を結わえられる。
ポケット挿入時露出部分が12.4mm。ペリカンK400やジェットストリームプライムシングルの14mmより短く、同社F301の半分、カランダッシュ849やohtoツイストの七割しか露出せず、フラップつきポケットにも干渉しない。これより短いのはラミーロゴの9mm弱や回転繰出し式くらい。反面、袖のペン挿しに挿した場合、F301やCdA849ほど取り出しやすくない。
右上画像のラシャ地のポケットは生地が厚く、スラリ300やCdA849のクリップが奥まで差さらない。これくらい厚いとラミーロゴのクリップに隠れたノック機構が引っかかるが、本品は薄地と同じように取り出せる。

・ステンレス製軸材。クリップとばね、替芯ペン先に磁性がある。
・金属グリップは菱目ローレット。ステッドラー925 25より粗く三菱シフトシャーペンに近い。
・ペン先(替芯チップ)が4mm露出するうえ口金先端(ペン先出没孔外縁部)が面取りされて見やすい。
ペン先出没孔内径φ2.55mmくらいに対してペン先径φ2.25mmだから寸法が合わない。その差を内部に仕込んだ合成樹脂部品で補い、また替芯との接触面積を増やしてガタツキを無くしている。それを外すとフィッシャーPR替芯を装填できるそうだが外せなかった。もっともそのままでもPR替芯を入れられる。→(F701後述)

 口金を外して替芯交換。ねじは口金側が金属、胴軸側が合成樹脂。異材の組合せは摩耗しやすくゆるみやすくなるはずだが、今のところ口金を軽く締めるだけでもゆるまず増し締めする機会も必要もない。口金がフランジ付きボルトのように座面が広くて摩擦を保ち、そこが金属同士で締めすぎを防いでねじ山損耗を防ぐのか。
◆替芯F芯BR-1B-F φ4.6mm(最大5.3)×88.9、ペン先径2.25mm、ばね付き、インドネシア製。インク色、黒青、別売されないが赤緑あり。未輸入品。付属芯0.7mmボール、黒。国内で売られる日本製金属芯と違って樹脂筒だった。
ボール径/筆記距離:0.7mm/850m、1.0/680、1.6/推定522
*付属芯0.7mmで線を10m引き、減ったインク量から筆記距離を推定した。1.0と1.6は、0.7との線幅比から推定した。→ZEBRA | ゼブラ株式会社 | 主な製品の筆記距離、文字数、線幅について
※2017年7月15日追記:ゼブラUKから尼国製F-0.7、1.0の筆記距離を教えてもらったため訂正。多謝。ゼブラUSAには四度問合わせたが返信ナシ。米国め……
日本製F芯のボール径/筆記距離。F301記事を書いた2012年から仕様が変わって短くなった。
0.7mm/850m、1.0/680、1.6mmなし

ここでのアルコールはトゥー コピックカラーレスブレンダー0。エタノールらしい。→コピックのにおいは有害ですか? - コピック公式サイト(日本語)

 旧来の油性ボールペンインクは適応範囲が広く、修正テープやカーボン複写は当然、感熱紙や耐水紙にも問題ないのが長所。反面、書き味重く冷温に弱いのが短所。この尼国製F-0.7芯が冬にどうなるか確かめたいが、アフィ的都合で今月記事にした。
日本製F-0.7芯はなかなか優秀で、常用していれば冬でも書き出しかすれがほとんどなく、ダマも出ない。尼国製はインクを使い切れずに書けなくなるとゼブラUSA公式やAmazon.comでレヴューされているが、私有品は改善されたのか新品だからか今のところ日本製より良い。

代用品
同社スラリ用EQ芯を22mm短くして一部を削り、ばねをスラリ300用へ換えれば転用できる。赤芯、0.5mmあり。耐アルコール性が一応ある。
三菱SJPで代用できる。ばねはSJP用・F芯用双方可。但し芯先が1.2mm長く出る(収納可能)。赤芯なし。
フィッシャーPRで代用できる。F芯用ばねを使う。赤青その他の色あり。但しペン先径が純正品より約0.3mm太いため、純正芯へ戻したとき芯先がガタつくかもしれない。口金内樹脂部品を外すとうまく収まるそうである。→How to Hack the Zebra F-701 — The Clicky Post
三菱SJPとフィッシャーPRは加圧式かつ耐アルコール性がある。

 同社スティールペンシリーズには合成樹脂グリップの3シリーズ、ゴムグリップの4シリーズ、金属グリップの7シリーズがある。ゼブラが時価会計みたいなゴムグリップへの傾倒を翻し、これを国内販売または製造しても損にはならんと思うが、米国の影響が強まると日本の選択の自由が失われるのかもしれない。


関連記事
完全な金属外装品。
カランダッシュ エクリドール
プラチナ ダブルアクションポケットMWBP-3000
サカモト スマートアルファ2

合成樹脂部品が一部露出している金属軸。
パイロット フリクションボールノックビズ
ジェットストリームプライム3
三菱ジェットストリームプライム3&1

木軸だが合成樹脂部品比率が低い品。ペン軸強度はへたな金属軸より高いと思う。
ohto木軸ニードル ツイスト
  1. 2017/06/15(木) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゼブラ スラリ300 BA38, BAS38 | ホーム | キャメル鉛筆製作所 No.CA-P4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/361-6fe8b45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)