アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

三菱鉛筆 ジェットストリーム2&1 MSXE3-800

三菱鉛筆 ジェットストリーム 多色ボールペン 0.5mm 替芯 10本セット (黒5本・赤3本・青2本) SXR-80-05:Amazon.co.jp

 同社ジェットストリーム4&1 MSXE5-1000の姉妹品。五芯式から三芯式(黒赤2色ボールペンとシャーペン)へ軽装になっただけでなく実際四割ほど軽くなった。2015年11月発売、たぶん日本製。
同社は同機能のジェットストリームをすでに二種、廉価版MSXE3-500 (2008年1月発売)と高級版MSXE3-3000 (2015年10月発売)を発売しており、それらの中間にあたる本品を加えたところに、SXシリーズの成功が垣間見える。

 替芯はJIS油性B型より短いSXR-80
MSXE3-800-07には0.7mmボール替芯が、MSXE3-800-05には0.5mm替芯が装填されて出荷される。胴軸ラベルで判別でき、そのラベルを剥がせる。
 このような、替芯交換でボール径=字幅を変えられるにも係わらず、ボール径によって異なる製品であるかのごとき売り方、考えてみればヘンな売り方を私たちは疑問なく受け容れ、字幅が異なる替芯に互換性があるのかと質問したりする。ペン軸にボール径を記したスラリ300ではより顕著である。これはどうも安物ボールペンに特有な売り方のようだ。
替芯に依拠した分類をしながら替芯交換を軽視し使い捨て同然に消費してきたことが、日本製ボールペンの高価格化を阻み低価格帯に位置づける一因であり、日本企業はその低価格帯で好況期には大いに儲け不況期には糊口をしのいできた、と私は捉えている。
 新興国製品が流入する時代になって、収益性を高めるために再び高価格化を企図しても、陳腐化し途上国で製造できる軽工業品など海外移転してコスト減すればいいというのが、さらなる利益率拡大を望む投資家らの意見であるから、軽工業の海外移転が止むことはない。
その状況に(おそらくは)意図せず抗して成功したのが、三菱ジェットストリームに代表される低粘度油性だった、というのが、現今隆盛するインク改良に対する大方の評価である。

・4&1より中芯数が減ってレバーが120°間隔で配置されたため切り替えづらくなった(ジェットストリーム2&1後述)
・4&1と同じく、ペン軸表面を艶やかな光沢または半つや消しに仕上げられ、金属を模している。金型分割線が目立たないのが4&1よりいいところ。
・4&1に装備されていた消しゴムを廃したために軸尾の見た目もよくなったが、機能的には劣る。シャーペンも廃して三色か四色ボールペンにすれば完成度が上がる。と思っていたらいつの間にか三色ボールペン化されていた。
・4&1に比べ、スライドレバーが後退しても甲高い音を発しない。後軸が二重構造化されて音を抑えている。
・4&1より細く、グリップ径がトンボ リポーター4スマートと同程度で手帳のペン差しに挿しやすいと思う。またゴムグリップであるけれども、私には運筆しやすい太さ。
・4&1と重心位置がほぼ同じだが、先軸の大部分がプラスティック化されて軽くなったため、あれほど前のめりには感じない。軽量化はまた、廉価版や他社製品と差別化できる点が外観のみになる一面ももたらした。
・4&1では先軸ねじが金属で後軸側がプラスティックだったため携帯中にゆるむことがあったが、本品では凹凸ねじ共に同材料となり、ゆるみにくくなった。異素材の組合せでは一方が磨耗し、ねじがゆるむことがある。とくに毎度毎度力いっぱい締めていると返ってゆるみやすくなり、また割れやすくなる。
 グリップ(先軸)を外して替芯を引き抜き、替芯交換。
◆替芯SXR-80、φ3mm×88、ペン先径2.3mm、JIS油性B型派生品、黒赤青緑(0.38と1.0に緑ナシ)、日本製。4&1 MSXE5-1000や廉価版MSXE3-500等と同型替芯。
ボール径/筆記距離;0.38mm/不明m, 0.5/300, 0.7/250, 1.0/200
互換品:同社S-7S
代用品:トンボBR-CS及びBR-CL
各社JIS油性B型φ3×98.2を88mm長にすれば概ね代用可能。型番がよく似た同社スタイルフィット用替芯SXR-89もJIS油性B型。

ボールペンノック負荷約100g、シャーペンノック負荷約650g
・シャープペンシル機構0.5mm
付属芯3本、平均芯繰出量0.6~0.7mm、芯補充は4&1と同じ方法。
ノックボタン兼用クリップを押し出してシャーペン機構を出したのち、さらにクリップを押してシャーペン芯を繰り出す。

 太軸4&1では気にならなかったが、この長いクリップがジャマくさい。長さが4&1と同じなのに、レバーが120°配置されて軸径が細いため、シャーペンを収納する際に他のレバーをスライドさせると、クリップがものすごく干渉する。とくに右手拇指でシャーペンから赤芯へ、もしくは左手拇指でシャーペンから黒芯へ切り替える際、クリップを示指で抑えこんでしまうことが頻繁に起こる。
クリップが指や手のひらに抑えこまれてしまったとき、力任せにレバー操作すれば部品を傷めて作動不良を惹き起こすだろうから握り方に注意。
 売上で劣るとしても、四芯式にしてレバーを90°配置にするか、クリップを固定してレバー作動が指に干渉しない設計にすればましになるんじゃないだろうか。レバー操作においては廉価版MSXE3-500やリポーター4スマートに譲る。

 後軸を二重構造化したのは、企画設計段階で同社スタイルフィットマイスター五色軸等のような独立したシャーペン用ノックボタンを別途設ける予定があったため、と思ってる。
前述通り消しゴムなし。消しゴム付き修正テープ、モノ2ウェイは本品のためにあったのだ。
 赤軸は例のごとくグリップ改造してもらったので、無改造品としてライトピンク軸も入手。半額だった。軸色は他に3色ある。

銀色は2&1ではなく三色ボールペン。
  1. 2017/08/16(水) 08:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クオバディス イタルノート第二回 | ホーム | ゼブラ スラリ300 BA38, BAS38>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/362-f17a5004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)