アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

サクラクレパス ラビット ラディック510



左画像上:現行(70円)、下:旧(50円)
 鉛筆用天然消しゴムとインク用砂消しを半分ずつ接合した薄型消しゴム。幸運にも新旧双方を入手できたので取り上げてみよう。
旧型の製造時期は不明。ラビットは現在サクラクレパスに吸収されたが品番510は残されている。
厚さ7.3mmと薄く先端は楔型で文字を消すには使い勝手がいい。この楔型がプラスティック字消しになぜ採用されないのか謎だ。
 環境への配慮から非塩ビ消しゴムが増えているが天然ゴム系復古には結びつかず、その主流はエラストマ樹脂系。
塩ビ系消しゴムのゴミ分別については日本字消工業会の公式見解を参照されたい。また、塩ビの環境影響度については未だ議論の途上にあるようだ。→「塩ビを誤解しないで」
 天然ゴム系はバレーボールの臭いと消し屑が細かいのが特徴。新旧変わらぬ感触で消し屑はまとまらず細かく、プラスティック字消しに比べれば消字性能は低い。
また、天然ゴム系は日に当たると表面が硬化する欠点があり、使い始めや数週間使わずにいた場合は表面が硬化していることが多く、紙面を黒ずませるだけで満足に消せないこともしばしば。その場合は少しこすってから用いる。
 消字能力において塩ビ系を下回る天然ゴム系と非塩ビ系も、上質な紙が増えた現在では実用上十分に思える。
紙面を削り取る砂消しは、万年筆でも油性ボールペンでも消すのに一苦労で、薄い紙には不適。消し跡に万年筆で書くと僅かに滲む。


サクラ/ラビット 両用 半砂/NO.510
BUNGU便 - Yahoo!ショッピング
  1. 2008/06/30(月) 06:30:00|
  2. ┗消しゴムEraser
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ロットリング ティンテンクリ第一回 | ホーム | キリン鉛筆 エース50-100>>

コメント

これを取り上げているのって シブい。

510 って 私の所有しているものは、

SE-510
インク・鉛筆用
TOMBOW PENCIL CO.
TOKYO MADE BY SR.CO



510
HINODE MUKAIDORI
INK & PENCIL
TAGUCHI RUBBER JAPAN

の2種類なのですが、OEM なのでしょうね。
どこが元祖なのでしょう?
  1. 2009/06/24(水) 00:55:06 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

 記事執筆後、同形状同品番の他社消しゴムがあることを知って面食らった覚えがあります。
コクヨ ケシ-20も紙巻きに510と入っていますね。
OEM元が一手に引き受けているようですが、もしかしたら510や512は型式や共通規格の名称だったりするのかもしれません。

 田口ゴム工業はライオン事務器にOEM提供していた会社でもあり、GAZAも同社製ではないかと思います。
先ほど日本字消工業会HPを見たら、この田口ゴム工業が消しゴム製造から撤退するそうで非常に残念です。
樹脂系全盛のいま、一般的に理解はされないとは思いますが、GAZAは天然ゴム系としては、という但し書きがつくもののとてもいい製品でした。
  1. 2009/06/25(木) 00:35:30 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

そう聞くと

おっと。そう聞くとGAZAが 急に欲しくなったりします。
情報 感謝です。

…明日は 動けん....。明後日が待ち遠しい…。。。
  1. 2009/06/26(金) 00:42:29 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/66-54419c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)