アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング ラピッドグラフ第二回

鞘5~6g+軸10~11g,480~570°で鞘が外れる。
線幅:天冠、ニブ、胴軸
インク窓なし。ティクと多くの部品が互換するが、材料は違うらしくティクのように収縮しない。
rapidograph,1960s
-左:初期、右:後期
クリップ
段差の有無がある

ごく初期は天冠と内鞘が一体化し外鞘に空気孔がある
ニブ
インク導管4mm長、定規にあてがうため先端が一段細い2ステップペンポイント加工が施されている。
VLニブには赤い輪が印刷され、10種の線幅が販売された。後期は溝のピッチが1.5倍で、バリアント用と全く同じものが取り付けられて流通したようだ。
首軸
ピストンノブ
初期はノブがピン止め、後期は回すと後退する

共にキャラメル箱。後期はバリアントと共用
付属品
取説、吸取紙、ニブキイ
ニブキイ
後期の円錐型はニブを保護できる
  1. 2008/07/20(日) 06:30:30|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ロットリング バリアント第一回 | ホーム | ロットリング ラピッドグラフ第一回>>

コメント

こんばんは。
この素晴らしい知的財産のおかげで、私の所有するラピッドグラフの詳細が判明しました。
クリップだけが初期型で、インナーキャップは後期型。(初期と後期の過渡期の製造だったのでしょうか)
駆体は後期型。
感謝です。

この記事を読んでからというもの 居並ぶ万年筆達を押しのけて、筆記具筆頭のポジションを獲得しています。手帳から仕事の記録から可能な限り何でもかんでもこれで。
万年筆はブルーブラック使いなのですが、黒インクを常用するように。
さすがにロットリング純正のインク容器は見つからないまま、小さなガラス瓶にイソグラフ純正のインクを入れて、吸入させております。

ラピッドグラフ熱は当分続きそうです。

ところで質問があるのですが、VLニブの「VL」の意味をご存知でしょうか?
  1. 2009/06/07(日) 01:25:42 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

 ラピッドグラフは私も使っています。やはり筆記用です。

 VLが何を意味するのかはわかりません。
 手持ちの取説にはVLニブを指してNewと記されているのですが、それは旧い箱に付属していた取説で、そしてVLニブも初期のものにしか付属しません。
ラピッドグラフと共に新たに設計された(ティンテンクリ用を流用していない)ことを示すのか、それともVLより旧いラピッドグラフ用ニブがあるのか、それもまた不明です。

 段差が無いクリップにインナーキャップつきは過渡期のものだと思います。ただ、インナーキャップが無いもののほうが見かけないので、過渡期のほうが数が多いようです。
  1. 2009/06/09(火) 19:38:25 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

ご丁寧なコメント

ご丁寧なコメント ありがとうございました。
魚眼さんも筆記用にお使いとの事。嬉しいです。

VLニブは 初期のものにしか付属していなかったのですね。探しても 無いハズですね。
箱や取説をあまり取っておかないので,最近は後悔する事しきりです。

貴重なニブなので、後発のバリアントのニブに取り替えようかと。
まぁ 今からでは、顔料系インクに浸すので、ほぼ真っ黒ですが。

VL の謎を求めて、ドイツ語を勉強せねばならないようです。(汗)
  1. 2009/06/09(火) 22:05:42 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

 英語だったらVarious Linesあたりかな、とも思いますけれどね。独語ではVariaとLinieでVarialich linien?
  1. 2009/06/15(月) 22:42:30 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/78-6315fccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)