アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング バリアント第二回

variant, 世代分類は非公式かつ推測。部品は世代間で完全互換
-IIIIIIIVV
品番
*は線幅
11**11**110 ***110 ***4
線幅0.1(赤),0.15(白),0.2(黄),0.3(灰),0.4(茶),0.5(クリーム),0.6(青),0.8(緑),1.0(苔桃),1.2(黄橙)
品名のみ社名ロゴいり新ロゴ
内鞘
ラピッドグラフと同型ニブ先端-内鞘間が長いシリコーン球入り
ニブ
右端は廃番後のニブ
金具留樹脂留
ねじ山径7.2mm,通気溝終端がニブ下端まで通っているねじ山径7.3mm,通気溝終端が下端まで通っていない
インクタンク
約1.3ml約0.8ml
胴軸ダブル
赤い輪に社名刻印軸側面に社名印刷
胴軸シングル
軸側面に旧ロゴ新ロゴ
不明キャラメル窓つき窓なし、1984年2月21日以降胴軸つき(日本のみ?)
付属品
取説、吸取紙、ニブキイ取説、ニブキイ
ニブキイ
内径が若干緩い内径がきつい

 ニブの側面はニブキイで回せるよう面取りされ、そこから少しだけはみ出した色輪がニブキイに嵌り、脱落を防ぐ。 注入式のためインク容器はスポイト型。赤インクが旧型、青インクは後期。
  1. 2008/07/30(水) 06:30:30|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ロットリング バリアント第三回 | ホーム | ロットリング バリアント第一回>>

コメント

こんばんは。
この記述によって、私のバリアントが ここでいうⅣ期にあたることが判明しました。
スッキリしました。感謝です。
箱入りの3本セットを購入したものです。この箱はまだ保存してあります。
軸のロゴは旧タイプ。(←旧い方が嬉しい私。)
今でも胴軸シングルやダブルも、ニブも見かけますが、首軸が無い。これだけがどこにももう見当たらない。
ダブルホルダーの旧タイプや旧インク容器の実物も見た記憶がありません。
ニブキーが3種類あったとは。
知らない事がたくさん。


各部のネジのピッチがこの後に続くイソグラフやラピッドグラフまで統一されているのがロットリングの誇りか自信か誠意か。生涯にわたって使い続けられるドイツ製品の良いところですね。
安心して使い続けられる。


バリアントは もっと使いたいのですが、クリップが絶対必要な私の泣き所。
  1. 2009/06/14(日) 01:06:53 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

 首軸は本体にしか付属しないので、もうバリアント自体が少なくなっているのでしょうね。
ネットオークションでならまだ見つかるのではないかと思います。
 他には、ステッドラーマルスマティック700にバリアントニブを転用でき、キャップや胴軸も同じねじ径で転用できます。ただIV期あたりから生産されたバリアントはねじ径が僅かに大きく、ちょっとキツいのです。

 ねじを統一しているのは合理化か独自性の欠如か解釈が分かれますが、私は合理的と思います。
  1. 2009/06/15(月) 22:35:54 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

>ステッドラーマルスマティック700にバリアントニブを転用でき、

あ そうか。バリアントにステッドラーマルスマティック700のニブを使うのはデザイン上 興ざめと思っていましたが、マルスマティック700にバリアントニブを装着する という手もありましたね。全く発想できませんでした。
バリアントニブのカタチが好きなので。
似合うかな?



>キャップや胴軸も同じねじ径で転用できます。

・・・これはまた ぜんぜん知りませんでした。上手く組み合わせればクリップが使えるかもしれませんね。
「ロッドラー」の完成。「ステッドリング」かな。楽しんでみます。
ギロくならないように気を付けます。



>合理化・・・

確かにおっしゃる通りですね。「合理化」。 なるほど ドイツらしい。
勉強になります。m(_ _)m
  1. 2009/06/17(水) 15:10:32 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

 似合うかどうかで言えば、両品のスタイルの差が露わになってしまいますね。
http://blog-imgs-32.fc2.com/s/c/h/schreibzeugkritiker/VaMa.jpg
http://blog-imgs-32.fc2.com/s/c/h/schreibzeugkritiker/MaVa.jpg
またバリアントニブにパーティングラインが残っている場合は、ステッドラー軸に入りにくいことがあります。
ところで記事中のニブ径寸法を間違えています。正しくはφ7.2でした。

 バリアント1.2mmをお譲りできます。軸なし、I~II期の過渡期もの。入り用でしたら連絡ください。
  1. 2009/06/21(日) 14:01:37 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

これはこれは。 たいへんに恐縮です。画像までアップしていただいて。
まだやっていませんでしたが・・・ちょっとキビシいですね。
ステッドラーマルスマティック700は所有していませんが、近くに存在していますので、近日中に入手して 「ステッドラーマルスマティック700」 として堪能してみます。


>バリアント1.2mmをお譲りできます。

ありがとうございます。ご好意感謝です。I~II期の過渡期もの… と くれば垂涎が。。。
ただ、最近 80年代中心のM.Pが大量にストックしてある文具店を奇跡的に発掘してしまいまして、
大量に資金を投下してしまいました。
…懐が 暖かくなった頃に あらためまして連絡させていただきたいと思います。m(_ _)m


ところで、最近 胴軸ダブルの「赤い輪に社名刻印」を発見。即確保。
これもなかなか見つかりませんでしたので、たいへんに嬉しゅうございました。
  1. 2009/06/22(月) 01:07:44 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

 1.2mmはさすがに使途がありませんね。
バリアント軸にステッドラーニブの組合せは動作確認したことがあり、快調でした。逆はないんですけれども。

80年代ものを大量に
それは羨ましい。今後のブログ記事が楽しみです。
  1. 2009/06/25(木) 00:19:58 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

バリアントの首軸

あるところにはあるもので。
バリアントの首軸の在庫を持っている文具店がありました。
(足で探すのが好きなので。)
その日も 他のもので僅かな資金が尽きてしまったので、今回は見送りましたが。
「相当売った」と言っていましたので、捜索中の「黒軸のバリアントⅡ」や「初代ラピッドグラフ」などはありませんでしたが。
廃番になったロットリング・ゾノックスのローラーボールなんかも束になってストックされていました。
とりとめもなく書きなぐってしまいました。m(_ _)m

ところで、その文具店にバリアントの亜流(というより イソグラフに近い?)と思われる
「エログラフ」なるものを発見。「EROGRAPH」 ドイツ製
ライオン事務機さんが輸入元だったようです。
ブログネタ的には面白そうでしたが 資金不足で見送りましたが。。。
ただ 名前がユニークだったので....。
ひょっとして ご存知でしょうか?
  1. 2009/07/05(日) 12:08:56 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

 バリアントが見つかって良かったですね。

 エログラフは持っていますが実働させたことはありません。寸詰まりでメカノーマっぽく、他と質感が違いますね。
手元にあるのはバリアントニブが入るも、キャップが合わないことがあります。
  1. 2009/07/08(水) 20:34:39 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/81-cdc17017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)