アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ステッドラー マルステクニコ780C第一回

ステッドラー 2mm芯マルスカーボン12本入H 200-H
ステッドラー 2mm芯マルスカーボン12本入HB 200-HB
ステッドラー 2mm芯マルスカーボン12本入2B 200-2B
ステッドラー 2mm芯マルス12本入レッド 204-2
ステッドラー 2mm芯マルス4本入レッド 204 E4-2
ステッドラー マルス ミニテクニコ芯研器502

 1978年に発売されたステッドラーの代表的2mm芯ホルダ780C。適合芯研器純正502等
2017年5月20日追記;1978年以前に780があったことがわかった。
→Dave's Mechanical Pencils: In The Year 1969

 ドロップ式でノックボタンに簡易芯研器を内蔵。強筆圧に耐えられるようばねが堅くノックの感触は重い。
最大軸径8.5φと鉛筆並みの長さと細さ。太軸が席巻する現在、細軸の価値は低下したが、画架に立てた画板に向かって描くには太軸では紙面に軸が触れやすく細軸が有利となる。

 同社の2mm替芯ルモグラフ200とその容器は凝った作りで、芯硬度を表す色で成形されたプッシュボタン(ノックボタン)つき。この色ボタンは芯研器を内蔵しておらず、その芯硬度識別色は同社独自の配色と思われる。

硬度表示が芯の四ヶ所に印刷され、空転を防ぐ縦溝が入っている(4B除く)。現在の芯硬度範囲4H,2H-2B,4B(Fなし)。
芯質は同社の鉛筆ルモグラフ100と同質で日本製鉛筆より一段硬い。というより日本製が軟らかいといったほうが正確かもしれない。

※200/2mm芯とルモグラフ100鉛筆は同芯質のはずなのだが、2mm芯のほうがなめらかに感じること多々ある。
脂がぬめるなめらかさではなく、均質な組織による引き締まった芯質のなめらかさ。

関連記事
ステッドラー780C第二回
  1. 2007/06/30(土) 22:22:01|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カランダッシュ オフィスライン849 | ホーム | パイロット スクールグリップ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/9-35868376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)