アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング ラピッドグラフIPL第二回

rapidographIPL(International Pen Line)
世代分類は非公式かつ推測
部品は世代間で完全互換
I(1983-1985?)II(1985?-)
品番
*は線幅
115 ***155 ***
155 ***
線幅0.1(えび茶),0.15(緑),0.2(黄),0.3(よもぎ),0.4(渋柿色),0.5(灰),0.6(水色),0.8(白),1.0(苔桃),1.2(クリーム)0.1(えび茶),0.13(紫),0.18(赤),0.2(黄橙),0.25(白),0.3(よもぎ),0.35(黄),0.4(渋柿色),0.50(茶),0.6(水色),0.70(青),0.8(明灰白色),1.0(橙),1.4(緑),2.0(灰)
0.13(紫),0.18(赤),0.25(白),0.35(黄),0.50(茶),0.70(青),1.0(橙),1.4(緑),2.0(灰)

黒(整数0あり)小豆色(整数0なし)
小豆色(整数0なし)
内鞘
変化なし
ニブ
ロット番号なしロット番号あり
首軸
識別色のみ、リブつき線幅標示と識別色、溝つき
インクカートリッジ
変化なし
胴軸
黒、リブ4本つき小豆色、リブなし
小豆色、リブ4本つき

付属品、取説、インクカートリッジ
  1. 2008/08/20(水) 06:30:30|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロットリング1928 第一回 | ホーム | ロットリング ラピッドグラフIPL第一回>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/93-fb80d6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)