アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

エーマン ワイドボディ


 材木会社Ehmann holz GmbHの木軸3.2mm芯ホルダの一ツ。軸材はクルミDark WalnutとサクラCherryの二種で短く太く、ノックボタンには金環がつく。アルミ軸の同型がnothing moreから発売されている。
表面に細かな傷がついている場合があり、日本製ほど細やかな品質管理は期待できない。

 ノックボタンは外れず前装ドロップ式、芯径3.2mm(実寸3.15mm),可納芯長71mm,金環内径22mm。チャック周りに補強がないのが不安点。軸側が磨耗したら内部にパテ盛りすることになるだろう。
 画像では大きく見えるも鶏卵より小さく、持ち易くはあるが書き易い形ではない。
芯を長めに出し、ペンホルダグリップではなくシェイクハンドグリップで握ると垂直面に芯をあて易くなり、画架を用いた写生や材木へのマーキング等に向く。机上筆記は埒外だろう。
 駄作と言っていい本品を他人に薦めようとは思わないが、その存在を知らしめたくなる製品だ。
amazonでは本品は扱われていないがエーマン製品そのものはある。
エーマン(e+m)製品
  1. 2008/11/10(月) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エーマン グルーヴ | ホーム | シード スレンディプラス EH-S>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/95-6a46cf9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)